ル・コルビュジエ 、創造のパワー


岩澤里美さん紹介記事より

アート好きな人なら、東京の国立西洋美術館を訪れたことがあるかもしれない。機能美にあふれた鉄筋コンクリート製の同美術館は、竣工から60年を経た現在も美しい。設計は、パリに住んでいた著名な建築家ル・コルビュジエ(1965年没)だ。1955年の来日後に設計図を描き、寸法など細部に関しては、パリの彼の元で働き日本に帰国していた弟子たちが担当した。いまでは当たり前に見られるこのような洗練されたコンクリートの建築スタイルは、およそ100年前にル・コルビュジエによって開花した。
If you like art, you may have visited the National Museum of Western Art in Tokyo. The museum, made of reinforced concrete and full of functional beauty, is still beautiful 60 years after its completion. Designed by the famous architect Le Corbusier (died 1965) who lived in Paris. After arriving in Japan in 1955, he drew blueprints, and the details such as dimensions were handled by the disciples who worked for him in Paris and returned to Japan. This sophisticated concrete architectural style, which is now commonplace, was blossomed by Le Corbusier about 100 years ago.

アイデアが凝縮した館~パビリオン・ル・コルビュジエ

建築家として名を馳せたル・コルビュジエは、晩年、自分のための展示場を設計するチャンスをスイスで得た。建築場所はラ・ショー・ド・フォンではなく、スイス最大の都市チューリヒだった。その好機は、ギャラリストでありスイスのアート収集家でもあり、彼の絵画や家具のファンだった30代のハイジ・ウェーバーがもたらした。ウェーバーは、チューリヒ湖沿いの公有地に、市から50年間の建築権を得て美術館を建設した(1967年完成)。2014年春以降は市の所有となり、「パビリオン・ル・コルビュジエ」と改名した。
Le Corbusier, a well-known architect, had the opportunity in Switzerland in his later years to design an exhibition space for himself. His construction site was not La Chaux-de-Fonds, but Zurich, Switzerland’s largest city. His opportunity for him came from Heidi Weber in his thirties, a gallerist, Swiss art collector and a fan of his paintings and furniture. Weber built a museum on public land along Lake Zurich with a 50-year building right from the city (completed in 1967). It became the property of the city after the spring of 2014 and was renamed “Pavilion Le Corbusier”.

館内では、ほかにもランプ、木の椅子や木の本棚、ドアノブなど、至る場所でル・コルビュジエのスピリットを楽しむことができる。実は2階にベッドルーム2つを作る案もあったそうだが、実現しなかった。全体としてみると、住むための空間を意識したのかと思うかもしれないが、あくまでも展示という目的で設計したそうだ。建築家、家具デザイナー、画家として、まさに彼のアイデアの集大成の場であるこの美術館は、建築に興味のない人でもきっと楽しめるはずだ。
Inside the building, you can enjoy the spirit of Le Corbusier everywhere, including lamps, wooden chairs, wooden bookshelves, and doorknobs. Actually, there was a plan to make two bedrooms on the second floor, but it didn’t happen. As a whole, you may think that you were conscious of the space to live in, but it seems that it was designed for the purpose of exhibition. As an architect, furniture designer and painter, this museum is the culmination of his ideas and should be enjoyed by anyone who is not interested in architecture.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ