マカフィー創業者、スペインで勾留中に死亡 


米インターネットセキュリティー大手マカフィーの創業者、ジョン・マカフィー被告(75)が23日、スペイン・バルセロナ近郊の勾留施設で死亡した。米国での脱税の訴追を受けて身柄引き渡しの決定が出た直後だった。
John McAfee, 75, the founder of Internet security giant McAfee, died Thursday at a detention facility near Barcelona, Spain. It came shortly after the decision was made to hand himself in after being charged with tax evasion in the United States.

カタルーニャの裁判所報道官によると、マカフィー被告は日本時間24日午前ごろに施設内の部屋で死亡しているのが見つかった。現場には検視官が入り、死因の調査が進められている。死因は自殺との見方が示されている。
According to a Catalan court spokesman, McAfee was found dead in a room inside the facility around the morning of Thursday. A coroner entered the scene and an investigation into the cause of death is underway. The cause of death is thought to be suicide.

マカフィー被告は昨年10月にスペインで逮捕された。その数カ月前には米国で脱税罪での訴追を受け、2014~18年に暗号資産(仮想通貨)のプロモーションやコンサルティング業、講演料などから得た多額の収入の申告漏れがあったと指摘されていた。
McAfee was arrested in Spain last October. A few months earlier, he was accused of tax evasion in the United States, and in 2014-18, it was pointed out that there had been a large amount of money from cryptocurrency promotions, consulting, and lecture fees.

マカフィー被告はマカフィーの創業者だが、すでに同社との関係は切れている。最後の20年間は波乱に満ちた人生だった。
McAfee is the founder of McAfee, but his relationship with the company has already expired. The last 20 years have been eventful.

(CNN Business)



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ