トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 ①(マーケットリサーチ振り返り)


ストラテジーブレティン 第172号
2016年11月28日

(1)レーガノミクス相場に匹敵する株価上昇の可能性
次元に突入した世界経済と市場
トランプ氏の登場により、世界経済と市場は(多分地政学も)新次元に突入した。そして、今始まった株式とドルのトランプラリーの持続性は高いと思われる。株高ドル高は、投資家によるトランプ氏の経済政策に対する信任の高さを物語っている。
(1) Possibility of stock price rise comparable to that of the Reganomics market
The world economy and market that entered the new dimension
With the advent of Mr. Trump, the global economy and market (possibly geopolitics) also entered a new dimension. And the sustainability of the stock and the dollar playing trade which started now is high. The high dollar high tells the trustworthiness of Mr. Trump ‘s economic policy by investors.

選挙期間中に強調されたポピュリズム、保護主義孤立主義的傾向が薄められるにつれ、市場の注目は大規模財政出動、プロビジネスの規制緩和、国防支出増額などが引き起こす景気浮揚効果の大きさにシフトしている。軍拡・財政出動と規制緩和は、まさしく米国資本主義中興の祖ともいえるレーガンの経済政策そのものである。
As the populism, protectionism and isolationist trends emphasized during the election period are diluted, the market attention shifts to the magnitude of the economic boosting effect caused by large-scale fiscal spending, professional business deregulation, defense spending increase, etc. doing. Military expansion, fiscal stimulation and deregulation are the Reagan’s economic policies, which can be said to be the father of US capitalist crisis.

1980年のレーガン大統領の登場は、米国株式(NYダウ工業株)が18年間で1,000ドルから10,000ドルへの10倍という米国史上最大の上昇相場の起点となった。政策のラディカルさを考えれば、今後4年のトランプ大統領在任期間中の株価上昇がレーガン8年間で2.5倍(年率12%)に匹敵するスケールとなる可能性もあり得るのではないだろうか。
The appearance of President Reagan in 1980 became the starting point of US stocks (NY Dow Jones Industrial Co., Ltd.) in US history, which is tenfold from 1,000 dollars to 10,000 dollars in 18 years. Given the radical nature of the policy, does not it seem likely that the rise in stock price during the term of President Trump for the next four years will be comparable to 2.5 times (12% annually) in Reagan eight years?

そう考えられる根拠は、トランプ氏の経済政策が今後数年にわたって米国経済の成長率を大きく押し上げること、がほぼ確かだからである。そして後述する2つの理由により、今の米国には成長阻害要因が小さいので、来るべき経済ブームが長く続く可能性が大きい。
The reason for that is probably because it is almost certain that Mr. Trump ‘s economic policy will greatly boost the growth rate of the US economy over the coming years. And for the two reasons described below, the growth impediment factor in the current US is small, so it is highly likely that the upcoming economic boom will last long.

2要因とは、①米国経済のファンダメンタルズは基本的に健全であること、②トランプ政策が、現在の世界経済・米国経済が陥っている病、過剰貯蓄、資本余剰に対して有効な処方箋と考えられること、である。
The two factors are (1) the fundamentals of the US economy is basically sound, (2) a cardiovascular policy is effective prescriptions for the current world economy · diseases in which the US economy is falling, excessive savings, capital surplus What is conceivable.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ