②トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋(トランプノミクスが押し上げる米国の近未来経済ブーム)


壮大なスケールの景気浮揚効果
巨額の財政出動がもたらす財政赤字やドル高が引き起こす新興国経済に対する懸念ばかりが強調されるが、むしろ財政が引き上げる成長加速の連鎖効果に注目するべきである。
Economic floating effect of magnificent scale
Although concerns about emerging economies caused by the budget deficit and high dollar brought by the huge fiscal stimulus are emphasized, it should be noted that rather than the consolidation effect of the growth acceleration that finance raises.

特に減税案は、①法人税減税(税率を35%から15%に引き下げ)、②個人所得税の減税(現行7段階の累進税率を12%、25%、33%に引き下げ、最高税率を現行の39.6%から33%に引き下げ)、③キャピタルゲイン及び配当に対する減税延長、④相続税の撤廃など、壮大なものである。
In particular, the draft tax cuts are: (1) reduction of corporate tax (reduction of tax rate from 35% to 15%), 2) reduction of personal income tax (reduction of current seven-step progressive tax rate to 12%, 25%, 33% From 39.6% to 33%), (3) extension of tax cuts on capital gains and dividends, and (4) elimination of inheritance tax.

また累計2.5兆ドルにのぼる多国籍企業の海外留保利益の国内送金に対する課税軽減(35%から10%へ)により、税収増と海外からの所得還流が企画されている。これらがすべて実施されれば10年間で5兆ドル規模となり、それは米国名目GDPの2.8%に相当する、と推計されている。
Also, increasing tax revenues and income return from overseas are planned by reducing the taxation on domestic remittances (from 35% to 10%) of overseas retained earnings of multinational corporations that totaled 2.5 trillion dollars. If all these are implemented, it is estimated to be $ 5 trillion in 10 years, equivalent to 2.8% of nominal GDP.

これに5,500億ドルと言われるインフラ投資と国防支出増が加われば、リーマン・ショック以降2.1%(2011-2015年平均)であった米国の成長率は、容易に1990年以降の長期成長トレンド3%を超えていくだろう。さらにエネルギーや金融規制緩和もビジネス活動を活発にする。次回中間選挙の2018年には経済成長率4~5%のブームが訪れる可能性は大きい。
If infrastructure investment, which is said to be 550 billion dollars and defense spending increases, the US growth rate, which was 2.1% since the Lehman shock (average for 2011-2015), easily grows over the long-term growth trend 3 It will exceed%. Further relaxation of energy and financial regulation will also activate business activities. In the next midterm election in 2018, the possibility of a boom of 4 to 5% economic growth rate is great.

それはやがて、インフレと財政赤字拡大という2大景気阻害要因を育て、長期金利の上昇が次のリセッションをもたらすことになる。既に失業率4.9%と完全雇用状態にある米国のインフレ加速は、巨額の財政赤字とともに2018年以降の懸念要因として浮上しよう。しかしインフレと金利上昇に対してはドル高が大きな鎮痛剤となろう。
It will eventually develop two major economic impediment factors, inflation and expansion of the budget deficit, and a rise in long-term interest rates will bring about the next recession. Accelerating inflation in the US, with a 4.9% unemployment rate already, will emerge as a concern factor after 2018 with a huge budget deficit. But the dollar’s appreciation will be a big analgesic against inflation and rising interest rates.

つまりドル高が続けば、予想される経済ブームは2020年までのトランプ政権の任期中持続することも十分に考えられるのである。いうまでもなくドル高は米国金融の世界支配力を強め、トランプ氏が狙う世界覇権の強化にも結び付く。
In other words, if the dollar keeps rising, it is fully conceivable that the expected economic boom will last for the term of the Trump regime until 2020. Needless to say, the dollar strengthens the world’s dominant power of the US finance, which also leads to strengthening the world hegemony targeted by Trump.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ