テクノロジーと直感はリンクする! (完)

──そうした場合、お互いに「察する」ことが必要ですね。それが、直感的な判断ということになるのでしょうか。
── In that case, it is necessary to “see” each other. Will it be an intuitive judgment?

そうですね。直感というのは、単なる「勘」とは違って、その人に経験や知識によって支えられているもの。それも、知識や経験がそのまま出ているわけではなくて、その人の中で熟成されたものでしょう。それが、単に数字で評価することと対極に感じる、直感、なのかもしれません。
もちろん、数字は、物事を分析したり客観的に判断するためには重要なのですが、それとうまく両天秤で直感も重要視されるようになればいい。その必要があると思うんです。
I agree. Intuition is what is supported by experience and knowledge for that person, unlike mere “intuition”. It is not that knowledge and experience are exactly as it is, it will be aged in that person. It may be intuition, it seems to be opposite to simply evaluating with numbers.
Of course, figures are important for analyzing things or judging objectively, but it is only good that intuition is also taken seriously with both balances. I think that it is necessary.

──数字至上主義の社会を変えていくのは、なかなか難しそうですが……
最近のAI研究のひとつの方向性として、AIに身体を持たせようとするものがありますよね。今のAIは画像をひたすら学習するだけ、あるいは運動の命令も出しても出したっきり、というような感じで、インプットとアウトプットが複雑に連動していません。
── It seems difficult to change the society of numerical supremacy … …
As one direction of recent AI research, there are things that try to bring AI to the body, right? The current AI is just like learning an image just as it is, or as if I issued an order for exercise, I felt like I did it, and the inputs and outputs were not complicatedly linked.

けれども人間の身体は、さきほどの「しゃべる」場合もそうですが、インプットとアウトプットが連動しています。自分の行為の結果を見て、行為をリアルタイムで微調整しつづけています。だから揺らぎがある。
ひょっとすると、そうやって人間以外のものが身体を持つようになったときに、制御とか分析といった言葉ではつかみとれないもの、感じるしかないものの価値が再発見されるのかもしれません。
However, the human body is also in the case of “talking” before, but the input and the output are linked. I look at the results of my actions and continue to tweak the action in real time. So there is fluctuation.
Perhaps, when things other than human beings have a body, values ​​may not be grabbed by words such as control or analysis, but the value may be rediscovered.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ