ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ (完)

──「持たざる者」というのは、ソマリアのギャングたちにも当てはまる言葉なのかもしれない、と思いました。彼らとは「似た者同士」という感覚はありますか?
── I thought that “people who do not have” may be words that also apply to Somali gangs. Is there a sense that they are “similar people” with them?

それもあるかもしれません。これはギャングに限らずテロ組織からの投降兵に対しても同じなのですが、彼らとの距離が大きく乖離したくない、という気持ちがあります。たとえば大学を卒業するときに、一度良い企業に入って、経験を積んでから国連で働く、といった王道を進むのは、自分としてはしたくない、してはいけないと思ったんです。
It may also exist. This is the same for throwers from terrorist organizations, not just gangs, but there is a feeling that the distances with them do not want to diverge greatly. For example, when I graduated from university, I thought that I should not do as I do not want to go on a royal road like entering a good company once and experiencing and working at the United Nations.

逆の立場だったら、きっとものすごくムカつくと思うんですよね。「一緒に世界を変えようぜ」と言っておいて、自分だけ大きな組織に入って、守られた環境から悠々と支援するのかと。実際のところ彼らはその辺をしっかり見ているし、深い信頼に繋がるポイントでもあったりします。そういった意味でも、持たざる者というアイデンティティをもち続けたい、という気持ちがありますね。
If it is in the opposite position, I think that it will be extremely unlucky. Would you say “Let’s change the world together”, will you join the bigger organization alone and support from the protected environment gradually? Actually they are watching the neighborhood firmly and are also points that lead to deep trust. Even in that sense, there is a feeling that we want to keep the identity of people who do not have it.

──ソマリアと聞くと、日本からは一見遠い世界のように思えますが、「若者」や「持たざる者」といったアイデンティティを共有できたからこそ、永井さんはソマリアのギャングたちと通じ合えた部分があったのだと、お話を聞いて思いました。著書にも、これからの紛争解決のためには「アイデンティティを広げる」ことが大切だと書かれていましたね。
─ ─ When I hear with Somalia, it seems like a faraway world from Japan, but because I could share my identity such as “youth” or “nobody”, Mr. Nagai was able to communicate with Somali gangs I thought by listening to the story that it was there. In his book, it was said that it is important to “extend identity” in order to resolve conflicts in the future.

究極的には、みんながみんな「地球人」という自覚をもてればいいのだと思っています。もちろん、地球上の76億人に等しく共感することは不可能です。でも、共感はしないけど他者の権利は認めるということが大切で。日本人として、若者として、地球人として、人間として、とアイデンティティを広げていくことで、同じ人間同士、相手の権利を尊重することができる。そういったことが大事なのだと思っています。
Ultimately, I think that everyone should have the awareness of “Earthling”. Of course, it is impossible to sympathize equally to 7.6 billion people on the planet. But I do not sympathize, but it is important to recognize the rights of others. As a Japanese, as a youth, as an earthling person, as a human being, and spreading identity, we can respect the same human beings and their opponents’ rights. I think that such things are important.

異なる人種や考えのグループが無数にあるなかで、それでも同じ地球の上で共存していかなければいけないじゃないですか。たとえ共感はできなくとも、他者を尊重しながらうまく生きていく──消極的な平和かもしれないですけど、それでも、それこそが平和のかたちだと思うんです。
Among the myriad of different racial and thought groups, you still have to coexist on the same earth. Even though we can not sympathize, we will live well while respecting others – it may be a passive peace, but still I think it is a form of peace.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ