ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ ⑤

「『持たざる者』であり続けたい」
“I want to continue being a” person who does not have ”

──誰もがアプローチできていない問題に対して、学生団体から始まった組織がいま、世界に先駆けて突破口を見出し始めている。永井さんの何が、周りを巻き込む力になっているんでしょうか?
─ ─ For organizations that no one can approach, organizations that started with student organizations are beginning to find breakthroughs ahead of the world. What is Nagai ‘s’ s power to become involved in around?

決してぼくが『ワンピース』のルフィのような存在で仲間が集まってきている、というわけではありません。アクセプト・インターナショナルではイシューの特定とイシューへのアプローチがどれほど論理的であるかを大事にしているのですが、その問題解決の方法論に賛同してくれる、骨太で気高さをもった人たちが応援してくれていることがあると思います。規模としてはまだまだ小さいです。でも、共感を煽るのではなく、あくまで問題解決の手段で勝負をしたいという気持ちがあります。
It is not that I have never been together like Luffy like “One Piece”. Accept International cherishes how logical the approach to identifying the issue and the approach to issue is, but people who are aggressive and noble who agree with the methodology of solving the problem I think there is something I support you. It is still small as a scale. However, I do not want to empathize sympathy, but I have a desire to make a game by means of problem solving to the last.

──共感を煽る、というと?
─ ─ Do you mean to empathize empathy?

NGO・NPOの世界って、穿った見方をすれば「共感争い」の世界でもあるんです。特に日本では活動の中身やその有用性よりも、いかに心が動かされるかのほうが影響として大きく、結局は共感を集めたところに支援や寄付が集まるわけです。つまり、広報の勝負になってしまっているんです。
The world of NGOs and NPOs is also the world of “sympathy fight” if you look at it. Especially in Japan, the influence of how the mind is moved is greater than the contents of the activity and its usefulness, after all, support and donations gather at the place where sympathy is gathered. In other words, it has become a game of public relations.

もちろんそのすべてが悪いと言いたいわけではありませんが、これだと本当にリスクのある誰も取り組んでいないところや、何より共感を生めない対象や場所、活動内容にはお金が集まらない。このような共感争いが、さまざまな問題の構造をさらに悪化させているとも感じています。
Of course not all of that is bad, but if this is the case, nobody who is really at risk or not working on anything that does not create empathy, places, activity content will not collect money. I also feel that such an empathy battle further deteriorates the structure of various problems.

ぼくは基本的には一匹狼なのですが、それはこの独特なNGO・NPOの世界に巻き込まれたくないからです。こうした姿勢を貫いているので「生意気だ」と言われることも多々ありますが(笑)、それでもぼくは「持たざる者」として強烈な前例をつくりたい。
Basically I am a lone wolf because I do not want to get caught up in this unique NGO · NPO world. Because I am through this attitude, I often say “it is cheeky” (laugh), but I still want to make a strong precedent as “a person who does not have”.

最初から強烈なバックがいたり、力をもっている人を仲間に入れたり、ハイレベルなコミュニティにいることでできることが増えることもあるでしょう。でもどうしても、自分がそうなると、そうなれない人のことを考えてしまう。そもそもそうなれない人のほうが多いはずです。だから、価値ある前例にもなれるよう、持たざる者として、一から、正面から、これまでの常識をぶち抜いてやろうと思っています。
There may be more intense backings from the beginning, more people can do with people with power, being in a high level community. But, by all means, when I do, I think about those who can not. There should be more people who can not do so in the first place. So, as a valuable precedent, I will try to pull out common sense from the front, from the front, as a person who does not have it.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ