シリコンバレー事情を「深聞き」 Tesla factory (完)


それが新しいバージョンでは、「スピードを落として隣の車線の車の後ろに入る」とか、「車線変更をし始めたところで後ろの車が速すぎると判断、いったん戻り、後ろの車がスピードを落としてくれたら改めて入る」といった本当に人間のような動きができるようになった。あと、カーナビに行き先を入れておくと、車線変更すべきタイミングで変更指示が出て、それを承諾するためにウィンカーを出すと車線変更される、というのもできるようになった。
In the new version, “I drop the speed and go behind the car of the next lane” or “I started changing the lane, judging that the car behind was too fast, once I returned, the car behind slowed down I will be able to move like a truly human being such as “I will enter again if you give me”. Also, if you put a destination in a car navigation system, you can change that lane change is made when you issue a turn signal to approve it, at the timing to change the lane.

ポッドキャストでもイーロンが「来年には完全な自動運転にする」と言っていて、彼はいつも話が大きいので半分くらいに受け取るにしても、かなり近づいてきた感はある。ただし高速道路だけだけどね。
Even in podcasts, Eallon says “I will make complete automatic driving next year”, he always talks a lot, so even if I receive it in about half, I feel a lot getting closer. However, it is only a highway.

奥本:法規制に関しては、今のところ無人の自動運転を許可している州は限られるのだけれど、今後は国レベルで決めて行くべきだともイーロンは言っていた。この先自動運転の走行距離がどんどん増えて、その結果自動運転の方が安全だということが実証されたら、法規制の方も変わるんだろうね。
Okumoto: Regarding the laws and regulations, states that allow unattended automatic driving are limited for now, but Eolong said that they should decide at the national level in the future. If the mileage of this automatic operation ahead increases and it is proved that automatic operation is safer as a result, people in laws and regulations will also change.

渡辺:昔、はじめて自動車ができたころは「馬車が前を走らないと自動車は走ってはいけない」とか今考えるとおかしなルールがたくさんあったらしいので、これから色々変わって行くことでしょう。
奥本:イーロンは「ブレードランナー風のピックアップ・トラックも出す。とんでもなく斬新だよ」と含み笑いしながら言ってた。
渡辺:サイバーパンク好きとしては見逃せない。
Watanabe: When I first got an automobile, it seems that there are many strange rules when thinking about now, “If a carriage does not run in front, cars should not run”, so it will be variously changed from now on.
Okumoto: Earon said, “I’m getting a blade-runner-style pickup truck and it’s surprisingly fresh, I’m telling a laugh.
Watanabe: As a cyberpunk lover you can not miss it.

奥本:来年発表されるという
渡辺:スペースXやトンネルを掘るボーリングカンパニーの話も出て、イーロン・マスクは余人をもって代えがたい経営者だと再認識した。そして彼は、世の中が思っている以上にものすごく変わっていて、まさに奇才だということがよくわかるポッドキャストでした。
Okamoto: Rumors that it will be announced next year.
Watanabe: There was a story of a boring company digging space X and a tunnel, and I realized again that the Earon mask is a hard-to-change manager. And he was such a podcast that the world has changed quite a bit more than I thought, and it is quite odd that it is exactly odd.

奥本:私は、シリコンバレーを代表する起業家としてのイーロン・マスクのことを応援してきたのだけれど、今回テスラのオーナーになってその凄さを実感している。これからもどんどん自動運転技術を研ぎ澄まし、優秀なハードウェアとソフトウェアをリリースして、競合も巻き込んで環境に優しい自動車がどんどん世の中に増えていって欲しいと心から思うわ。
Okumoto: I’ve been supporting the Earon mask as an entrepreneur representing Silicon Valley, but I am realizing the greatness of Tesla this time as an owner. I am sincerely wishing that the automobile driving technology will be sharpened more and more, we will release excellent hardware and software, competitors will also be involved, and environmentally friendly cars will be increasing rapidly to the world.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ