サステナビリティ(CSR)とは何か?③


コーポレート・サステナビリティを理解する上で、とても重要なコンセプトが2つあります。それは「長期的に考える」、そして「社会・環境への価値提供は財務リターンと矛盾しない」という考え方です。これまで市場関係者の中では、短期リターンを追求するため、企業に対してより短期間での情報開示を求める動きが盛んでした。
There are two very important concepts in understanding corporate sustainability. The idea is that “think in the long run” and “providing value to society and the environment is not inconsistent with financial returns.” In the past, among market players, there has been a strong demand for companies to disclose information in a shorter period of time in order to pursue short-term returns.

年次決算だけではなく、半期決算を、さらには四半期決算を、という流れです。ところが最近、それに対する弊害が指摘されるようになりました。市場関係者も企業も「ショートターミズム(短期志向主義)」になるがゆえに、企業が長期的に継続することも、自然環境や社会と長期的に共存していくことを難しくし、結果長期的に財務リターンを減少させてしまうかもしれないというものです。
Not only the annual closing but also the half-year closing, and the quarterly closing. Recently, however, negative effects on it have been pointed out. As marketers and companies both become “short-termism”, long-term continuation of a company also makes it difficult to co-exist with the natural environment and society in the long-term, resulting in long-term results. May reduce financial returns.

今、EUでは四半期決算を継続するかどうかが議会で議論され、企業の中でも自ら四半期決算を止める動きも出てきています。一方で、企業経営者には、数十年先を見越した上で、環境や社会とどう向き合うのか、事業運営をどう継続させるのか、はたまた事業継続が本当に可能なのかに対する回答を投資家から求められるようになってきています。
Now, in the EU, whether parliamentary accounting is to be continued or not is discussed in parliament, and some companies are starting to stop their own quarterly settlement. On the other hand, for business owners, investors will be asked how they will face the environment and society in anticipation of decades ahead, how to continue business operations, and whether business continuity is truly possible. It has come to be sought from

もう一つのキーコンセプトは「社会・環境への価値提供は財務リターンと矛盾しない」です。長年「CSRはコストだ」と見なされてきた日本では、信じられない考え方もしれませんが、すでに欧米ではこのような考え方が普及してきています。
Another key concept is “providing value to society and the environment is consistent with financial returns.” In Japan, which has been regarded as “CSR is a cost” for many years, there may be unbelievable ideas, but in Europe and the United States such ideas have already spread.

このことを信じるのは、NGO関係者だけでなく、ここ数年の間に、企業経営者、さらには投資家の間にも浸透し、今では法律の法理のうえでも「社会・環境への価値提供は財務リターンと矛盾する」ことは否定され、このような考え方を保持すると、ともすると善管注意義務違反、受託者責任違反とまで言われかねない状況です。
Believing in this is not only NGOs, but in the last few years, it has penetrated among business owners and even investors, and now it is “legal to society and the environment” in the law of law. It is denied that “value delivery contradicts with financial return”, and maintaining this way of thinking may lead to a violation of the duty of caution and duty of trustee liability.

2011年にハーバードビジネススクールのマイケル・ポーター教授が唱えた “CSV: Creating Shared Value”という概念も、この考え方をなぞるものとなっています。 当然ながら、環境・社会・経済の面で企業価値を上げていくことは容易ではなく、この3つを同時に追求するためにはしっかりとした戦略的思考と実務能力が必要です。
The concept “CSV: Creating Shared Value” advocated by Professor Michael Porter of Harvard Business School in 2011 is a reflection of this idea. Naturally, it is not easy to increase corporate value in terms of environment, society and economy, and in order to pursue these three at the same time, you need solid strategic thinking and practical skills.

コーポレートサステナビリティを経営の根幹に据える企業は、社内の意思決定方法を変え、従業員の教育を行い、マネジメントの危機を乗り越えながら、よりよいコーポレート・サステナビリティを追求しています。Sustainable Japanは、そのようなベストプラクティスの事例やナレッジをご紹介します。
Companies that place corporate sustainability at the core of their management are changing their internal decision-making methods, educating employees, and seeking better corporate sustainability while overcoming management crises. Sustainable Japan will introduce examples and knowledge of such best practices.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ