サステナビリティ(CSR)とは何か?②


海外のCSRとサステナビリティ
ここで少し視野を広げて、海外の状況を見てみると、日本企業のCSRの捉え方とは違うものが発見できます。英語のWikipediaでCSRを調べてみると、「CSR is a form of corporate self-regulation integrated into a business model.(CSRとはビジネスモデルに統合された企業自身の自己抑制だ)」と書かれています。
Overseas CSR and Sustainability
Here, if you expand the scope a little and look at the situation in overseas, you can discover something that is different from how Japanese companies view CSR. When I examine CSR on Wikipedia in English, it is written that “CSR is a form of corporate self-regulation integrated into a business model.” (CSR is a company’s own self-restraint integrated into a business model) .

これは、社会・環境への価値追求と事業活動そのものを統合させ、さらにリスクマネジメントを徹底していくことを意味しています。このWikipediaページでは、更に高次元のCSRの形として、企業が与える社会・環境・経済面における長期的な影響価値そのものを高めていくことだという定義も紹介されています。
This means integrating the pursuit of social and environmental value with the business activities themselves, and further promoting risk management. This Wikipedia page also introduces the definition that the long-term impact value that a company gives to society, environment and economy itself is to be enhanced as a higher-level form of CSR.

そして、日本企業が捉えてきた「施し」としてのCSRでもなく、リスクマネジメントとしてのCSRでもなく、社会・環境・経済の3つの尺度から企業価値そのものを上げていくという意味でのCSRに今、海外の企業は取り組んでいます。
And it is neither CSR as “Alms” that Japanese companies have caught, nor CSR as risk management, but in the sense that we will increase corporate value itself from the three scales of society, environment and economy, Overseas companies are working.

その結果、現在、英語圏では、以前使われていたCSRやCorporate Citizenshipという言葉以上に、コーポレートサステナビリティ(Corporate Sustainability)という言葉が使われるようになってきています。 では、具体的にコーポレート・サステナビリティとはどのような取り組みを指すのでしょうか。
As a result, in the English-speaking world, the word “Corporate Sustainability (Corporate Sustainability)” has come to be used in addition to the words “CSR” and “Corporate Citizenship” that were used before. So what specifically does corporate sustainability mean?

コーポレート・サステナビリティを重視する企業では、環境・社会面の考慮と経済的リターンを相反するものとしてではなく、両立させるものだととらえています。
Companies that place emphasis on corporate sustainability view environmental and social considerations as well as economic returns as a trade-off, not a trade-off.

そして、サステナビリティ担当者は、環境・社会のニーズを考慮することで新たなビジネスを創造して売上を伸ばす、省エネや廃棄物ゼロを通じてコストを削減する、働く環境を改善して採用コストを下げる、コミュニティに支持されることでサプライチェーンの安定化を図ることを通じて、社会・環境・経済の総価値を上げるという具体的な役割を担っています。
And, the person in charge of sustainability creates new business and increases sales by considering environmental and social needs, reduces costs through energy saving and zero waste, improves working environment and lowers recruitment costs, It has a specific role of raising the total value of society, the environment and the economy by stabilizing the supply chain by being supported by the community.

そこには、サステナビリティ=企業の長期戦略という構図が見て取れます。実際に欧米のグローバル企業では、サステナビリティ部門に専門の役員が置かれ、CEOから強大な権限を付与されて全社に号令をかける役目を担っています。敢えて日本企業の言葉で表現すると、財務的数値目標だけでなく、環境・社会面の数値目標を追求する経営企画担当役員もしくは社長と言えるかもしれません。
You can see the composition of sustainability = a company’s long-term strategy. In fact, in the case of global companies in the US and Europe, a specialist officer is placed in the sustainability department, and the CEO has given us a powerful authority and is responsible for issuing company-wide orders. If expressed in the language of a Japanese company, it may be said to be a director in charge of corporate planning or a president who pursues not only financial numerical targets but also numerical targets on the environment and society.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ