サステナビリティ(CSR)とは何か?①


from “Sustainable Japan”

サステナビリティ(CSR)とは サステナビリティ(Sustainability)とは、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のことを言います。その中でも特に、企業が事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てていく取組は、コーポレート・サステナビリティ(Corporate Sustainability)と呼ばれています。
What is sustainability (CSR)? Sustainability is broadly the concept of making the world sustainable from three perspectives of the environment, society and economy. Among them, in particular, efforts to establish a long-term corporate strategy in consideration of the impact that a company has on the environment, society and economy through business activities are called Corporate Sustainability.

日本のCSR サステナビリティという単語は日本ではまだ聞き慣れない言葉かもしれません。この分野におけるより使い慣れた単語としてはCSR (企業の社会的責任)という言葉があります。ですが、私たちはSustainable Japanの上では、CSRという言葉より、サステナビリティという言葉を積極的に使おうとしています。
The word CSR in Japan may not yet be familiar in Japan. A more familiar word in this area is the word CSR (Corporate Social Responsibility). However, on Sustainable Japan, we are actively using the word sustainability rather than the word CSR.

このページでは、サステナビリティが含有する意味をご紹介しながら、日本でのCSRと、海外でのサステナビリティが持つ意味の違いをご紹介したいと思います。
On this page, while introducing the meaning of sustainability, I would like to introduce the difference between the meaning of CSR in Japan and the meaning of sustainability in overseas.

CSRという言葉から、どのような活動をイメージするでしょうか。Wikipediaの「企業の社会的責任」の日本語ページでは、CSRを「企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることを指す。 」と定義しています。
What kind of activities do you imagine from the word CSR? In the Japanese page of “Corporate Social Responsibility” on Wikipedia, CSR is not only “profitable by companies but also responsible for the impact of organizational activities on society, all stakeholders (stakeholders: consumers, Refers to making appropriate decisions in response to requests from investors, etc., and society as a whole.

しかし、この義からは企業の具体的な活動がいまいち想像できません。より具体的なイメージとしては、東日本大震災の際に、企業が寄付や物資の供給をを行ったことを思い浮かべる方もいると思います。また、発展途上国に対して、学校を建てたり、医薬品を届けたり、植林を行ったりする活動を想像する方もいるかもしれません。これらは、日本では「社会貢献活動」と呼ばれることもあります。
However, from this definition, we can not imagine the specific activities of companies. As a more specific image, I think that some people think that companies donated and supplied supplies during the Great East Japan Earthquake. You may also imagine activities such as building schools, delivering medicines and planting trees in developing countries. These are sometimes called “social contribution activities” in Japan.

「CSR」というとこのような社会貢献活動を想起する人が多いかもしれません。 一方で、企業経営者は、CSRを少し違った捉え方をしているようです。
When it comes to “CSR,” many people may recall such social contribution activities. On the other hand, business owners seem to have a slightly different view of CSR.

日本を代表する企業団体のひとつである経済同友会のレポート(2010年)や、商工中金のリサーチ部門である商工総合研究所レポート(2012年)によると、経営者にとってのCSRの意味とは、第1位が「より良い商品・サービスを提供すること」、第2位が「法令を遵守し、倫理的行動を取ること」、第3位が「事業活動の過程で生じる環境負荷を軽減すること」となっています。
According to the report (2010) of the Keizai Doyukai, which is one of the representative corporate groups in Japan, and the Commerce and Industry Research Institute report (2012), which is the research department of Chuokinkokin, the meaning of CSR for management is: The first place is to provide better products and services, the second place to comply with laws and regulations and take ethical action, and the third place to reduce the environmental impact of business activities. It has become.

特に興味深いのが1位の「より良い商品・サービスを提供すること」です。「会社は社会の公器」という考え方の強い日本企業にとって、日々のサービスや商品を提供することこそが社会貢献であり、その役割をすでに果たしているという考え方もかなり根強くあります。
Of particular interest is the provision of better products and services. Providing daily services and products is a social contribution to a Japanese company with a strong belief that “the company is a public institution of society,” and the idea that it has already played its role is quite strong.

このように、従来の日本企業が持つCSRに対する考え方を極端にシンプルに言ってしまうと、「お客様に役立つ製品とサービスを提供して利益を出し納税する。さらに社会貢献活動を行って利益の一部を社会に還元する。さらに出来る限り環境に配慮する。」だったかもしれません。
In this way, to put the conventional Japanese company’s approach to CSR extremely simply, “Provide products and services that are useful to customers, make profits and pay taxes, and carry out social contribution activities and make a profit It will be possible to return the department to the society, and to consider the environment as much as possible.

日本企業で実際にCSRを担当されている方に状況をお聞きしても、CSR推進室の実務は、環境活動と社会貢献活動をまとめ、社長のメッセージを含めて「CSRレポート」を作成することだと答える方が数多くいます。さらに、そのCSR担当者の中で、社内の他部署から「CSR推進室は何をしているのかわからない」「会社に貢献しているのかわからない」と言われ、嘆いている方も少なくありません。
Even if people in Japan are actually in charge of CSR, the CSR Promotion Office’s activities summarize environmental activities and social contribution activities, and create a “CSR Report” including the president’s message. There are many who say that it is a matter. Furthermore, among those in charge of CSR, there are many who are lamented by other departments in the company saying “I do not know what the CSR Promotion Office is doing” or “I do not know that I am contributing to the company”.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ