グレタさんCOP26欠席、コロナワクチン接種の不平等で


今年11月1─12日にスコットランドのグラスゴーで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)に出席しない意向を明らかにした。新型コロナウイルスワクチンの入手状況不平等で、多くの国が出席できない懸念があるためとした。
He announced his intention not to attend the 26th Conference of the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (COP26) to be held in Glasgow, Scotland, from November 1 to 12 this year. The availability of the new coronavirus vaccine is unequal, and there is concern that many countries will not be able to attend.

COP26には大変出席したいが、全員が同じ条件で出席できるのでなければ行きたくはない。アフリカや南米を始めとする発展途上国の第一線で働く医療従事者や高リスクの人々よりも先に、多くの国で健康な若者たちにワクチン接種が行われている状況を批判した。
I want to attend COP26 very much, but I don’t want to go unless everyone can attend under the same conditions. He criticized the situation in which healthy young people are vaccinated in many countries before front-line healthcare workers and high-risk people in developing countries such as Africa and South America.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ