ガン化した白血病の細胞が無害な免疫細胞に変化することが偶然発見される ①

「血液のガン」とも呼ばれる白血病は、白血球の細胞が成長過程でガン化したものが骨髄内で増殖することで、正常な血液細胞が減少して貧血免疫力の低下、出血傾向といった症状を引き起こす疾病です。白血病には増殖する場所や、急性もしくは慢性といった性質の違いによって大きく分けて4つの種類があるのですが、その中の1つである「急性リンパ性白血病」を引き起こす原因となるガン化した白血球の細胞が、無害な免疫細胞に変化することが偶然発見されました。
Leukemia, also called “cancer of the blood”, is caused by cancerous cells of leukocytes growing in the process of proliferation in the bone marrow, normal blood cells are reduced, symptoms such as anemia, decreased immunity and bleeding tendency It is a cause disease. There are four types of leukemia, roughly divided depending on the location of proliferation and acute or chronic nature, but one of them is cancerous leukocyte which causes “acute lymphocytic leukemia” Of the cells changed to harmless immune cells by chance.

急性リンパ性白血病は、白血球の一種であるリンパ球が未熟な状態のまま悪性化して骨髄で猛烈な勢いで増加し、症状が急速に進行する疾患です。急性リンパ性白血病はさらに、悪性化するリンパ球の種類や成熟の度合などにより、種類が細分化されています。
Acute lymphocytic leukemia is a disease in which lymphocytes, a type of leukocyte, become malignant while immature and increase with a tremendous momentum in the bone marrow, and symptoms develop rapidly. Acute lymphocytic leukemia is further classified into types, depending on the type of malignant lymphocytes and the degree of maturity.

スタンフォード大学医学部のRavindra Majeti教授が率いた研究チームは、複数ある急性リンパ性白血病の中でも「B細胞性急性リンパ性白血病(B-ALL)」の調査を行っていました。その名前が示す通り、B細胞性急性リンパ性白血病は細胞の成熟期に成長が止まってしまったリンパ球の一種であるB細胞を原因としています。
A research team led by Professor Ravindra Majeti of Stanford University School of Medicine was conducting a survey of “B-cell acute lymphocytic leukemia (B-ALL)” among multiple acute lymphocytic leukemias. As its name suggests, B cell acute lymphocytic leukemia is caused by B cells, a kind of lymphocytes that have stopped growing at the maturity stage of the cell.

成長過程で止まってしまった未熟なB細胞は、転写因子を失っているため正常な細胞に分化することができなくなります。転写因子とはDNAの配列を認識・結合して遺伝子の発現を制御する機能を持っていて、細胞内で発生する多くの反応において重要な役割があるタンパク質の一群です。
Immature B cells which have stopped in the growth process can not differentiate into normal cells because they lose their transcription factors. A transcription factor is a group of proteins that have the function of recognizing and binding the sequence of DNA and controlling the expression of genes and playing an important role in many reactions occurring within the cell.

2015年04月08日 サイエンス
Stanford MEDICINE ニュースセンター

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ