なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? ①

アマゾン、マイクロソフト、スターバックス、コストコ。いずれもシアトル、あるいはその周辺の場所で創業し、いまや世界的な巨大企業に成長した会社である。アメリカ本土でもはずれの、西海岸のいちばん北端の都市で、なぜ、このように先進的な企業が次々と生まれるのか、つねづね不思議に思っていた。
Amazon, Microsoft, Starbucks, Costco. Both founded in Seattle or its surroundings, and now have grown into giant global companies worldwide. I was wondering why advanced enterprises are being born one after another in the northern end of the West coast, which is also in the mainland of the United States.

人口にしても60万人を少し超えるほど、周辺の都市圏を合わせても70万人をようやく上回るくらいで、日本で言えば、熊本市と同じくらいの都市だ。同じ西海岸の都市、ロサンゼルス(約380万人)やサンディエゴ(約140万人)と比べても、サイズはそれほど大きくはない。
Even for the population a little over 600,000 people, even if the surrounding metropolitan area together, it finally surpassed 700 thousand people, in Japan, it is about the same city as Kumamoto city. Compared with Los Angeles (about 3.8 million people) and San Diego (about 1.4 million people) on the same west coast, the size is not that big.

冒頭で掲げた会社以外にも、たくさんのベンチャー企業が、続々とシアトル圏では生まれているが、それはいったいなぜなのか?
シリコンバレーから1時間半
広大なアメリカはどの都市も財政難を抱えているため、多くの企業を誘致し、ベンチャーを育て、雇用を増やそうしているが、けっしてその施策はうまくいっているとはいえない。
Apart from the companies listed at the beginning, many venture companies are born one after another in the Seattle area, but why on earth? In case
One and a half hours from Silicon Valley
Because all the cities in the vast USA have financial difficulties, we are attracting a lot of companies, nurturing ventures and increasing employment, but none of those measures are going well.

それでも子細に比べてみると、それぞれの都市における企業をめぐるマインドは微妙に違い、その僅かな差が大きな結果の違いを生むことになる。シアトルという都市は、アメリカのなかでもその成功を手にいれた典型的な都市なのだ。
Still, when compared to the fine details, the minds surrounding enterprises in each city are slightly different, and the slight difference will produce a large difference in results. The city of Seattle is a typical city that got its success in America.

地図を見ると、シアトルはバンクーバー(カナダ第3の経済都市)と国境を挟んで隣り合わせで、アメリカで最もカナダを商圏として抱えているという特典がある。2001年の同時多発テロで法律が変わるまでは、アメリカ人とカナダ人は、自国の運転免許の提示だけで往来ができた。カナダドルを受け付ける店があるのもアメリカ全土でシアトルくらいだろう。
Looking at the map, Seattle has a privilege of having Canada the most commercial area in the USA, with Vancouver (the third economic city of Canada) next to each other across the border. Until the law changed with the simultaneous multiple terrorist attacks in 2001, Americans and Canadians could go back and forth only by presenting their driver’s license. It is about Seattle that there is a shop that accepts Canadian dollars throughout the United States.

 
長野 慶太 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ