なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? (完)

弊害もなくはない
Is there no harm?

とはいえ、巨大企業が生まれることはいい面ばかりではない。たくさんの若い労働力が職を求めて移住してくるため土地の価格が上がり、住宅ローンの負担が膨らみ、生活を圧迫したり、もともと住んでいた住民の固定資産税もうなぎ上りになったりという負の面もある。あるいは、給料の魅力に惹かれたものの、交通渋滞が深刻化して住みにくくなり、結局シアトル圏を離れていく人もいる。
Nonetheless, it is not always a good thing to be a giant company to be born. A lot of young labor force emigrated to seek work and the price of the land rises, the burden of the mortgage expands, the life is pressed down, the property tax of the inhabitants who lived originally rises eel There is also a negative side. Or, despite being attracted to the appeal of salary, traffic congestion becomes serious and it becomes difficult to live, eventually leaving the Seattle area.

同じように、企業についても、総合的なメリットが低下すれば、シアトルを去らねばならないこともある。実際、20世紀のシアトルを支えた象徴的会社だったボーイングも、今世紀に入るとともに、本社をシカゴに移してしまった。
Likewise, companies may also have to leave Seattle if their overall merit diminishes. Indeed, Boeing, an iconic company that supported Seattle in the 20th century, also moved its head office to Chicago as it entered this century.

余談だが、日本から見ても、シアトルは本土で最も近い港であり、航空路線も太平洋便はシアトルがいちばん距離は短い。そのため、いまは山下公園に係留され重要文化にもなっている貨客船の氷川丸は、横浜とシアトルを戦前から230回も航海した(サービスが良く、あのチャールズ・チャップリンも乗ったらしい)。
Aside from Japan, Seattle is the nearest port in the mainland, and airlines and Pacific flights are the closest in distance to Seattle. For that reason, Hikawa Maru, a cargo ship, now moored in Yamashita Park and also an important cultural asset, sailed 230 times in Yokohama and Seattle from the war before the war (service seems good, it seems that Charles · Chaplin also got on). In case

筆者の祖先も、戦前、長野県の小諸市から氷川丸でシアトルに移住している。この人は、戦時中はアイダホ州の日系人強制収容所に入れられていた。21世紀になってから、広大な荒地と曲がりくねった川しかない収容所の跡地を見に行ったが、財産をすべて没収され、モダンなシアトルとは180度異なる不毛の地のバラックに押し込められた祖先の気持ちを思うと胸がつぶれた。都市の「風土」にも、さまざまな歴史がある。
My ancestor also moved to Seattle from Komoro city in Nagano prefecture by the Hikawa Maru before the war. This man was in the Nikkei concentration camp in Idaho during the war. Since the 21st century, I went to see the site of the camp where there were only vast wastelands and winding rivers, but all property was forfeited and was confined to barracks of barren land which is 180 degrees different from modern Seattle My heart broke when I thought of my ancestors’ feelings. There is also a variety of history in the “climate” of the city.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ