なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? ②

さらに、ベンチャーキャピタル(VC)が集積するシリコンバレーから飛行機で1時間半という地の利もある。アメリカは本土だけで4つの時間帯を抱えるが、この両都市間には時差もない。ベンチャー企業に欠かせない資金調達において、ベンチャーキャピタリストは(意外かもしれないが)具体的な面談やライブでのプレゼンを重視するので、このシリコンバレーから近いというメリットは大きい。
In addition, there is geographical advantage that it is one and a half hours by airplane from Silicon Valley where venture capital (VC) collects. The United States has only four main time zones, but there is no time difference between the two cities. Venture capitalists (although it may be surprising) put emphasis on concrete interviews and presentations at live in fund procurement indispensable for venture companies, so the merit of being close to this Silicon Valley is great.

さらに、ワシントン大学を中心として研究施設が充実している。これは、一世代や二世代前のベンチャーであるマイクロソフトやボーイングが、同大学に膨大な寄付金を投入し、その産学共同プログラムが、優秀な教授や学生を惹きつけているところからくる。
In addition, there are substantial research facilities centering on the University of Washington. This comes from the fact that Microsoft and Boeing, one generation or two generations ago, have entered huge amounts of donation to the university and their industry-academic collaborative program attracts excellent professors and students.

しかし、こういった商圏や資金調達機会や産学共同の強みとは別に、やはりこの都市固有の風土も大きく作用している。アメリカ西海岸の大都市は、ロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ、ともに基本的にはリベラルな風土で有名だ。ヒッピー文化の発祥地はサンフランシスコだし、チャイナタウンは全米にあるとはいえ、西に行くほど大きくなると断じてほぼ間違いない。
However, apart from these trading areas, financing opportunities and industry-university joint strengths, the climate inherent in this city also works greatly. Big cities on the West Coast of the United States are famous for Los Angeles, San Diego, San Francisco, basically a liberal climate. The birthplace of hippie culture is San Francisco and Chinatown is nationwide, but it is almost certain that it will become bigger as going to the west.

その西海岸の都市のなかにあって、シアトルはLGBTの先頭ランナーだ。全米で初めての(自他ともに認める)ゲイの市長を生んだのはシアトルであり、当選後も2年間、アメリカ史上最高の支持率を誇っていた。シアトルの街を歩くと、たくさんの同性愛者が長年の差別を超えて勝ち得た市民権を謳歌するように手をつないで歩いている。
In the city of the West Coast, Seattle is the leading runner of LGBT. It was Seattle who gave birth to the first mayor of the gay (accepted by others and others) in Seattle and was proud of the highest approval rating in American history for two years after winning. When walking in the city of Seattle, a lot of homosexuals walk hand in hand to enjoy the citizenship that won over victory over many years of discrimination.

質の高いコーヒーへのこだわりもまさに全米一で、スターバックスやシアトルズベストコーヒー、タリーズなどの「シアトル系コーヒー」という呼称は日本でも通じる。地元だけあってスタバは日本のコンビニのように林立しているし、それでも物足りない人たちのために独立系のカフェも充実している。
The commitment to high-quality coffee is exactly the nationwide one, and the designation of “Seattle coffee” such as Starbucks, Seattle’s Best Coffee, Tully’s etc. is also familiar in Japan. As it is only local, Starbucks is forested like a Japanese convenience store, and even independent cafes are also enriched for those who are still unsatisfactory.

実は、こうしたユニークな風土に裏打ちされ、職場環境が他の都市と比べて良い場合、その都市では社員の定着率が高いという指摘がある。シアトル圏の経済力分析をしようとネット検索をすると、企業の収益力や雇用増率より、従業員の企業に対する「愛着心」、または「職場環境」の良さを指摘するサイトに多く出会うはずだ。
Actually, it is pointed out that if the work environment is backed up by such a unique climate and it is better than other cities, the retention rate of employees in that city is high. If you do a net search to analyze the economic power of the Seattle area, you will find many websites that point out the “affection of mind” or “work environment” of employees to companies, based on the company’s profitability and employment growth rate .

つまり、地元目線でこの問題を考えると、シアトルのリベラルで独自な風土が、従業員の居心地を高め、その労働力がエンジンとなり多くの企業が成長し、投資へのマインドも醸成され、ベンチャー企業が続々と生まれてくるという、非常に良い循環が生まれるということになる。
In other words, considering this problem from the local perspective, Seattle’s liberal and unique climate enhances the comfort of employees, its labor force becomes an engine, many companies grow, the investment mind is also fostered, venture companies Will be born one after another, a very good circulation will be born.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ