「絶対諦めるな」は間違い 仕事で見切りをつけるべき時 ①


Jack Kelly , CONTRIBUTOR
編集=遠藤宗生 Forbes JAPAN

モチベーションを喚起するイラストのひとつに、金脈掘り当てるためにつるはしで坑道を掘り進める人を描いたものがある。
One of the illustrations to motivate is a drawing depicting a person digging up a tunnel with a pickpocket to dig the vein.

この人は最初のコマでは、精力的につるはしを振りかざしているものの、2コマ目では汚れた手でをぬぐい、落胆した様子で次に何をすべきかを考えている。そして最後のコマでは、何も見つけられなかったことに打ちひしがれながらその場を去ってしまう。しかし、そのコマのすみには、輝く金塊が描かれている。
Although he is actively hanging on picks in the first frame, he is thinking on what to do next with a dirty hand wiping his forehead and being discouraged in the second frame. And in the last frame, leaving that place while being hampered by not being able to find anything. However, in the corner of the frame, a shining gold block is drawn.

このイラストが言わんとすることは明らかだ。この人はそのまま掘り続けてさえすれば一攫千金に至ったはずであり、どんなにつらくとも掘り進め前進するべきだった、というメッセージだ。
It is clear that this illustration says it. It is a message that this person should have had a rush of money if it keeps digging as it is, and how much it should have advanced digging hard enough to move forward.

私は頻繁にモチベーションについて執筆しているが、これ以上損失を出すのをやめて諦めるべき時もあると考えている。努力を続けて奮闘しても、サクセスストーリーが生まれるのは1000に1度かもしれない。時には、自分の置かれた状況を分析して、その場に留まって闘うのか、その場から立ち去るのかを理性的に選択しなければならない。
I frequently write about motivation, but I believe there are times when I should stop giving up any more losses and give up. Even if you continue to strive hard, striking a success story may be one thousand once. Sometimes, I have to rationally choose whether to stick to fight by staying there and leaving from the place, by analyzing the situation where I was placed.

仕事では、報われない努力を続ける価値があるのかを自問しなければならない時がある。あなたは昇給や昇進なしで、何年勤務を続けられる? 褒め言葉や励ましを受けることない日々はどれだけ続く? 一夜にして魔法のように昇進することを期待していないか?
There are times when you have to ask yourself whether at work it is worth continuing unrepented effort. How many years can you continue working without pay raise or promotion? How long do you keep your days without compliments or encouragement? Do not expect to be promoted magically overnight?

冷酷な現実として、現代の企業文化では、大半の人は代用可能な存在だ。あなたは一定の賃金で現在の職務を果たすための存在。上層部はあなたのキャリアの成長や目標のことなど気にもしておらず、タスクが完了され、その対価をできる限り少なく抑えることしか望んでいない。もちろんこれは一般論だが、誰しもが職場で気づいていることだ。
As a cruel reality, in modern corporate culture, most people can substitute. You exist for fulfilling your current duties with a certain wage. The upper part does not care about your career growth or goals, and the task is completed and you only want to keep that price as low as possible. Of course this is a general theory, but everyone is aware of it at work.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ