「時間は実在しない。幻想である」物理学者提唱の新理論 ①


TOCANA 記事より

■時間は実在しない
英紙「Express」(12月3日付)によると、世界的に著名な2人の物理学者が、時間は実在せず、人間の幻想に過ぎないと主張しているという。我々にとって時間はあまりにも当たり前すぎて、その存在を疑うことさえ困難であるが、一体どうして彼らは時間が実在しないと言うのだろうか?
■ Time does not exist
According to the British newspaper “Express” (December 3), two world-renowned physicists claim that time is non-existent and is merely an illusion of humanity. Time is too common for us to even doubt its existence, but how on earth do they say time does not exist?

本題に入る前に、まずは我々が知っている日常的な時間について考えてみよう。いうまでもないことだが、1度起きてしまった出来事は取り戻すことができない。時間を巻き戻して、やり直すことはできないのだ。なぜだか理由は分からないが、時間とは非―対称的なもので、矢のように一定方向にしか進まず、元に戻ることがないという奇妙な性質を持っている。
Before we get into the main subject, let’s first consider the everyday time we know. Needless to say, events that have happened once can not be recovered. You can not rewind time and start over. I don’t know why, but time is non-symmetrical, and it has the strange property that it can only move in a certain direction like an arrow and never return.

しかし、物理学においては、時間は未来にも過去にも自在に進むことができる対称性を備えているという。ちょうど映像を逆再生するように時間を遡ることがあっても良いと考えるわけだ。そのため物理学では、膨張する宇宙が時間を遡って収縮してしまう「ビッグクランチ」を想定することが可能となる。
However, in physics, time is said to have symmetry that can move freely in the future and in the past. We think that it is acceptable to go back in time just to reverse play the video. Therefore, in physics, it is possible to assume a “big crunch” in which the expanding universe contracts backwards in time.

むしろ一部の物理学者にとっては、時間を一定方向に進む矢のように非―対照的だとみなすことの方が理解しがたいという。では、彼らが考える時間の本質とは一体何なのだろうか? 2人の物理学者が「ブロック宇宙論」と「現在主義」という異なる立場から時間の非—実在を説明している。
Rather, it is more difficult for some physicists to think of time as non-contrast as arrows move in a certain direction. So what is the essence of the time they think? Two physicists explain the non-existent of time from the different standpoints of “block cosmology” and “presentism”.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ