「命が発展の代償」、中国成長支えた出稼ぎ労働者の慟哭 ①


深セン(中国) 14日 ロイター
Sue-Lin Wong (翻訳:エァクレーレン)

2000年前後の4年間、中国深センで解体作業員として働いていたWang Zhaohongさんは、かつて国境沿いの寒村だったこの街を、活気あふれる大都市に変貌させる手助けをした。
現在、寝たきりでやせ細った50歳のWangさんは、苦しい息の下から、結局あの仕事が自分の命を奪うことになる、と語る。
Wang Zhaohong, who worked as a dismantling worker in Shenzhen, China for around four years in 2000, helped transform this town into a vibrant big city once it was a cold village along the border.
Currently, 50-year-old Wang, who is bedridden and thin, said that from the painful breath, that job will take his life after all.

湖南省にある辺境の県からやってきたWangさんや仲間の作業員たちは、深センの開発ブームの中で、適切な安全装備もないまま、大量の粉じんを吸い込んだせいで、「珪肺(けいはい)」と呼ばれる疾患を発症した。
Wangさんの症状は重い。彼は、次の旧正月は迎えられないのではないかと予感している。
Mr. Wang and his colleagues who came from the frontier prefecture in Hunan province suffered a large amount of dust in Shenzhen’s development boom without proper safety equipment, “Silicone ) To develop a pulmonary disease called.
Wang’s symptom is heavy. He is presuming that the next New Year will not be received.

中国は今月、世界第2位の経済大国への発展をもたらした経済政策「改革開放」の開始から40周年を迎える。
数億もの国民が貧困から脱出する一方で、Wangさんのような人々は中国の発展がもたらした大きな人的被害を思い起こさせるが、当局は情報を統制し抗議行動を押さえ込もうとしている。
China is celebrating its 40th anniversary this month from the start of the economic policy “reform and opening up” that brought about the development to the world’s second largest economic power.
While hundreds of millions of citizens escape from poverty, people like Wang remind us of the big human injuries brought about by China’s development, but the authorities are trying to control information and control protest behavior.

じん肺、つまり珪肺など粉じんに由来する肺疾患に苦しむ労働者を支援する北京の非政府団体「大愛清塵」の推定によれば、この症状に苦しむ患者とすでに死亡した人の合計は約600万人に達している。
According to the estimate of Beijing’s non-governmental organization “Dear Mr. Dust” that supports workers suffering from pulmonary diseases such as pneumoconiosis such as silicosis, the total of patients suffering from this condition and those who have died already is about 600 It reaches all.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ