「命が発展の代償」、中国成長支えた出稼ぎ労働者の慟哭  (完)


しかし、それより心配していることは、家族に残してしまいそうな巨額の借金だと彼は言い、自身の身の上を語ることに意味があるだろうかという疑問を繰り返し口にした。
But what I worried more than that is that he said he was a huge amount of debt likely to be left to his family, repeatedly touched the question of whether it is meaningful to talk about his or her own body.

「わが国は過去40年間で非常に急速に前進した。農家が必ずしも農家を続けなくても済むようになった。それは本当に素晴らしいことだ」。Wangさんはに挿入したチューブで呼吸しつつ、物憂げに語った。隣家に面した小さな窓には、彼ののX線画像が掲げられていた。
“Japan has advanced very rapidly in the past 40 years, farmers do not necessarily have to continue farmers, which is truly wonderful.” Mr. Wang talked lazily while breathing in the tube inserted into the nasal cavity. An X – ray image of his lung was listed in a small window facing the neighboring house.

「ベッドから起き上がれればと思う。出かけて、外の様子を知りたい」と彼は言う。「でも、私の命はそう長くないだろう」
“I wish I could get up from bed, I want to go out and want to know the outside,” he says. “But my life will not be so long,”



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ