「命が発展の代償」、中国成長支えた出稼ぎ労働者の慟哭 ④


「子どもたちが連帯保証人なので、銀行もまだ金を貸してくれる。息子は、私が死んだら銀行への返済肩代わりすることに同意した」。ベッド脇の炭火で自家製のサツマイモを炙りながら、Wangさんはそう語った。
“As children are solidarity guarantors, banks still lend money, my son agreed to take over repayment to the bank when I died.” While grilling homemade sweet potatoes with a charcoal beside the bed, Wang said so.

珪肺と診断された2009年に、深セン市当局は13万元を支給したが、それでは十分ではなかったと彼は言う。
「中国では、問題は金が足りないことではない」と香港大学で社会学を研究するPun Ngai教授は言う。「深セン市には巨額の社会保険基金がある。問題はイデオロギーだ」
Shenzhen Municipal Authority offered 130 thousand RMB in 2009, diagnosed as silicosis, but he said that it was not enough.
“In China, the problem is not that there is not enough money,” says Professor Pun Ngai who studies sociology at Hong Kong University. “There is a huge social insurance fund in Shenzhen City, the problem is ideology.”

「深セン市政府は、こうした労働者は深セン市の住民ではなく、従って自分たちの責任ではないと考えている」と同教授は指摘。「市政府は、もしこの労働者たちの要求を受け入れれば、他省から他の人々が補償を求めてやってくると懸念している」
深セン市の公式人口は1250万人で、社会保障基金の総額は2017年末時点で5400億元以上に達している。
“The Shenzhen Municipal Government believes that these workers are not residents of Shenzhen City, so they are not responsible,” he said. “The municipal government is concerned that other people will seek compensation from other provinces if accepting this worker ‘s request.” The official population of Shenzhen City is 12.5 million people, the social security fund The total amount reached over 530 billion yuan at the end of 2017.

<安定の維持>
労働者たちは、中央政府から厳しい非難を浴びており、彼らが何か言うと脅しをかけてくる、とロイターに語った。中国当局は11月中旬、すべてのウェブサイトを対象に、珪肺に苦しむ湖南省の労働者に関する報道や公表を禁じた、と同国の検閲を調査しているチャイナ・デジタル・タイムスは指摘する。
Workers were tough condemned by the central government and told Reuters that they would threaten to say something. Chinese authorities point out China Digital Times, which is investigating the censorship of the country, forbidding coverage of publications and publications on workers in Hunan province suffering from silicosis in all websites in mid-November.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ