「命が発展の代償」、中国成長支えた出稼ぎ労働者の慟哭 ③


<深センの成長>
労働者の健康被害は中国に限った話ではない。米国の支援団体も、こうした「粉じん由来の疾病」で亡くなる労働者に対する補償を求めて、数十年にわたる闘いを繰り広げている。
とはいえ、中国の建設ブームはあまりにもペースが速く、わずか40年間で、前例ないほど多数の犠牲者を生み出してきた。
The health damage of workers is not limited to China. US support organizations are fighting for decades in search of compensation for workers who died of such “dust derived dementia“.
Nonetheless, the construction boom in China has been so fast that it has produced an unprecedentedly large number of victims in only 40 years.

深センほど急速に成長した都市は過去にない。同市の経済生産は昨年初めて、近隣の香港を追い越した。
深センでは、32路線で構成される世界最大の地下鉄網が2030年までに整備される予定だと国営英字紙チャイナ・デイリーは報じている。
There are no cities that grew rapidly as Shenzhen in the past. Economic production of the city overtook Hong Kong in the neighborhood for the first time last year.
In Shenzhen, the world’s largest subway network composed of 32 routes will be developed by 2030, the state-owned English-language paper China Daily reports.

深センを北京や香港と結ぶ北部の鉄道駅から世界第4位の高さを誇る高層ビル「平安国際金融中心」に至る、市内にある多くの有名建築の大半は、他省から流入した出稼ぎ労働者によって整備された。
Most of the many famous buildings in the city, ranging from the northern railway station linking Beijing and Hong Kong to Shenzhen International Finance Center, the fourth largest skyscraper in the world, It was maintained by workers.

巨大都市の成功の裏で、労働者たちは、医療費や子どもの教育費などを支払うために、もっぱら高利の銀行融資や親族・友人からの借金に頼らざるを得ない状況だ。
Wangさんは通院費を払うために地方の金融協同組合から5万元借りた。融資契約によれば、金利は4半期ごとに11.27%だ。
Behind the success of a giant city, workers are obliged to depend solely on high-interest bank loans and debts from relatives and friends in order to pay for medical expenses and educational expenses for children.
Mr. Wang borrowed 50 thousand yuan from the local financial cooperative to pay the hospital expenses. According to the loan agreement, the interest rate is 11.27% every quarter.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ