The brain ages with “a good life for health”? ②


肌に“シミ”がない人はボケにくい!?
失礼な言い方かもしれないが、久しぶりに会った人を見て急に老け込んだと感じることはないだろうか。この時、私たちが何をもって“急に老けた”と判断するかというと、シミやシワの見た目である。さらに、がんの患者はシミとシワが非常に増えることからもわかるように、シミは老化だけでなく病気のサインでもあるのだ。
People who do not have “stain” on their skin are hard to blur!
Perhaps it is rude way of speaking, will not you feel suddenly getting old by looking at the person you met for the first time in a while? At this time, what we judge as “suddenly getting old” is the appearance of spots and wrinkles. In addition, as can be seen from the fact that cancer patients increase marks and wrinkles very much, spots are not only aging but also signs of disease.

一方で、シミもシワもなく見た目も美しい人は、往々にして話し方も理路整然としており、ボケなどとは程遠い印象を受けると著者はいう。皮膚にシミが多い人は脳にもシミが多いとは言い切れないが、皮膚にシミが増えるような生活をしている人は、脳にもシミが多い可能性は高いだろう。皮膚のシミの大きな原因は紫外線だが、実は体内でシミができやすい状態になっていることも考えられる。シミができやすい状態とは、一体どのようなものなのだろうか。
On the other hand, there are neither spots nor wrinkles, beautiful appearance, and the way of talking is also well-ordered, and the author receives impression far from blur and so on. People with a lot of spots on their skin can not be said to have a lot of stains in their brains, but those who live such that spots on the skin increase will likely have a lot of spots on their brains. The major cause of skin spots is ultraviolet light, but in reality it may be that it is in a condition that makes it easy for spots to stain in the body. What kind of stuff is easy to stain?

まず、細胞と細胞には、それらをつなぐ「タイトジャンクション」という接着剤のようなものがある。これがゆるんでしまうと、体内で様々な障害を起こしてしまう。たとえば、アトピー性皮膚炎の子どもの皮膚は荒れているが、これは皮膚の細胞のタイトジャンクションがゆるんでいる状態であり、毒素が入りやすい状態になっているのだ。したがって、荒れた皮膚からは異物が侵入しやすくなるため、アレルギーを起こしやすいことがわかっている。
他にも、「」に起きる症状で、「リーキーガット症候群(腸もれ症候群)」というものがある。腸の粘膜炎症が進み、の細胞をつなぐタイトジャンクションがゆるんで、腸管壁に穴が開き、腸もれを起こしている状態だ。
First, there is a kind of adhesive called “tight junction” that connects them to cells and cells. If it loosens, it will cause various obstacles in the body. For example, the skin of children with atopic dermatitis is rough, but this is a condition where the tight junction of the cells of the skin is loose and it is in a state that it is easy for toxins to enter. Therefore, it is easy to invade foreign objects from rough skin, so it is known that allergies tend to occur.
Besides, there is a symptom that occurs in the “bowel“, “Leky Gut syndrome (intestinal leak syndrome)”. The inflammation of the intestinal mucosa progresses, the tight junction connecting the intestinal cells is loose, a hole is opened in the intestinal wall, causing intestinal leakage.

実は、皮膚や腸に起きているようなことが、脳にも起こっているのである。脳の細胞と細胞をつなぐタイトジャンクションがゆるみ、本来なら脳に不必要な要素が入りやすい状態になってしまっているのだ。タイトジャンクションがゆるんでいる状態のことを、皮膚の場合は「リーキースキン」、腸の場合は「リーキーガット」というが、脳の場合は「リーキーブレイン」という。今、この「リーキーブレイン」の状態にある人が増えてきている。つまり、「脳のダダもれ状態」が起きているのだ。では「リーキーブレイン」は何が原因で起きてしまうのだろうか。
Actually, something that is happening in the skin and intestines is also taking place in the brain. The tight junction that connects the cells of the brain with the cells loosens, and it is supposed to be in a state where unnecessary elements are likely to enter the brain. The state where the tight junction is loose is called “leaky skin” in the case of skin, “leaky gut” in case of intestine, but in the case of brain it is called “leaky brain”. Now, the number of people who are in the state of “leaky blain” is increasing. In other words, “brain’s leaning state” is occurring. So what causes “leaky blaine” to happen?



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ