「今こそフェミニズムを見直すべき」 女優エマ・ワトソンが国連で訴えた! ②

いつからか「 2フェミニズム」は死語になった
私は自分をフェミニストであると認識するようになりました。そして、これはとても自然なことに思えました。しかし、どうやら「フェミニズム」とは死語のようです。自身をフェミニストである、と認識する女性の数がどんどん減っています。
当然、私は「強すぎる、攻撃的すぎる、権利を求めて騒ぎすぎる、そして男嫌いな魅力的ではないフェミニスト」な女として疎まれる種類の女性の1人となります。
Since when “feminism” became a dead language
I began to recognize myself as a feminist. And this seemed like a very natural thing. However, apparently “feminism” seems to be a dead word. The number of women who recognize themselves as feminists is decreasing rapidly.
Of course, I will be one of the women of a kind that is spoiled as a woman who is “too strong, too aggressive, too noisy seeking rights, and unfascinating feminist that I do not like.

なぜ「フェミニズム」はこれほどにも嫌悪される言葉になってしまったのでしょうか? 私はイギリス人です。成し遂げた仕事に対して男性と同じ金額の報酬を受ける権利があると信じています。
私自身の身体についての決定権は私にあると信じています。そして、政治の世界には女性政治家が必要であると信じています。社会的にも、男性と同じようにリスペクトされる権利があると信じています。
Why has “feminism” become a word to be disgusted so much? I am British. I believe that you have the right to receive the same amount of compensation as men for the accomplished work.
I believe that I have the power to decide my own body. And I believe that politicians need a female politician in the world of politics. I believe that society also has the right to respect as well as men.

しかし、残念なことにすべての女性国民がこのような権利を当然のこととして受け止めている国は世界にひとつもありません。私達の国は完全に男女平等である、と言い切ることが出来る国は世界にひとつもありません。これらの権利は人間として当然の権利だと信じています。しかし、このようなことを主張する私は恵まれていることも理解しています。
Unfortunately, however, there are no countries in the world that all female citizens take such rights as a matter of course. There are no countries in the world where it is possible to say that our country is completely gender equality. I believe that these rights are right for human beings. However, I also understand that I am blessed to insist on such things.

フェミニズムの問題に男性がもっと関与すべき
私の両親は私が女の子であるからといって、愛することをおざなりにしませんでした。私の通っていた学校でも、「あなたは女の子なのだから……」などと学ぶ機会を奪うことはありませんでした。
私のメンター達も、「どうせいつかは子供を産んで母親になるのだから」などと理由づけて、私のキャリアでの成功を応援することを止めたりはしませんでした。このように育ってきた環境が、今日の私を男女平等について皆さんにお話する大使にしたのです。
Men should be more involved in feminism issues
My parents did not learn to love just because I was a girl. Even at the school that I attended, I never took the opportunity to learn from “you are a girl … ….”
My mentors also did not stop cheering for my success in my career, saying, “Because someday I will give birth to a child and become a mother”. The environment that grew up like this has made me the ambassador to tell you about gender equality.

このように私を応援してきてくれた人々は、必ずしも彼ら自身が「フェミニスト」であると認識していません。しかし、彼らは世界に影響を与える立派なフェミニストです。このような人々がより多く必要です。
「フェミニズム」なんて……と思う方もいるでしょう。しかし、「フェミニズム」という言葉の重要性を説いているわけではありません。女性の権利についての考え方が重要なのです。なぜなら、私が持っている権利を多くの女性が持っていないからです。統計的に見ると、私はとても恵まれた数少ない女性の1人です。
People who cheered me like this do not necessarily recognize that they are “feminists” themselves. But they are a respectable feminist who will influence the world. Such people are needed more.
Some people think that “feminism” …. However, it does not mean the importance of the word “feminism”. The way of thinking about women’s rights is important. Because many women do not have the right I have. Statistically, I am one of the few women who are blessed.

1997年、ヒラリー・クリントンが北京で女性の権利についてのスピーチをしたことは有名です。残念ながら、当時彼女が問題にしていたことの大半が現在でも問題として残っています。あの時のスピーチを見て1番印象的だったのは、男性オーディエンスは全体の30%以下であったことです。
世界全体人口の半分が男性であるにも関わらず、「女性の権利」「フェミニズム」という会話に男性が参加しない。「フェミニズム」に男性が参加せずに、または歓迎されていないと思っているままでは、この状況が変わることはありません。
In 1997, it is famous that Hillary Clinton made a speech on women ‘s rights in Beijing. Unfortunately, the majority of what she was at issue at the time still remains a problem. The most impressive thing when I saw the speech at that time was that the male audience was less than 30% of the total.
Even though half of the world’s population is male, men do not participate in the conversation “women’s rights” and “feminism”. This situation will not change if men do not participate in “feminism” or think that they are not welcomed.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ