「今こそフェミニズムを見直すべき」 女優エマ・ワトソンが国連で訴えた! ①

フェミニストに対する批判と偏見や性の役割が固定化している現状を問題視する女優のエマ・ワトソン氏の国連スピーチ。現在ではフェミニストに対して、「権利を求めて騒ぎすぎる、男嫌いで魅力的ではない女性」というイメージが強く持たれています。エマ・ワトソン氏は「フェミニズム」という言葉自体ではなく、女性の権利についての考え方が重要であるということ。男性も「男性とはこうであるべきだ」「攻撃的・アグレッシブであるべきだ」というジェンダー・ステレオタイプに囚われており、彼らがそこから自由になれば、女性も性のステレオタイプから自由になれると語ります。(男女平等を目指したキャンペーン「HeForShe」に1人でも多くの人々が参加することを願ったスピーチです)
United Nations speech by Mr. Emma Watson, an actress who views the feminist’s criticism and prejudice and the role of sex being fixed, is an issue. Today, the image of feminist “female not offensive, female unattractive” is strongly held for feminist. Emma Watson said that the idea of ​​women’s rights is important, not the word “feminism” itself. Men are also caught in gender stereotypes that “men should be like this” and “should be aggressive and aggressive”, and if they become free from it, women can also freely choose from sexual stereotypes I will talk about it. (It is a speech that many people wished for at least one person to participate in the campaign “HeForShe” aiming at gender equality)

女性が権利を主張すると、男性が嫌悪感を抱くという現状
エマ・ワトソン氏 今日、私達は HeForShe というキャンペーンを発足します。今日私がここに立っているのは、皆さんの力を借りたいからです。私達は男女差別撤廃を目的としています。その目的を達成する為には皆さんの力が必要なのです。
UN(国際連合)でこのようなキャンペーン運動が立ち上がるのは初めてのことです。出来るだけ多くの男性、そして少年達に性差別撲滅の為に動いて欲しい。そして、この問題についてただ語るだけではなく、目に見える結果に繋げたいのです。
The situation that men hate aversion when women claim rights
Emma Watson Today, we will launch a campaign called HeForShe. Today I stand here because I want to borrow your strength. We are aiming for the elimination of gender discrimination. You need your strength to achieve that purpose.
It is the first time such a campaign campaign will be launched in UN (United Nations). I want as many men as possible, and move the boys to eradicate sexism. And we want to not only talk about this problem but also to achieve visible results.

半年前、私はGoodwill Ambassador for UN Womenとして任命されました。フェミニズムについて話す機会が多くなるにつれ、女性の権利を主張することが男性嫌悪に繋がってしまうことが問題であるとひしひしと感じています。女性の権利主張=男性嫌悪、という世の中の意識を変える必要があります。
フェミニズムの定義とは、男性も女性も平等に権利と機会を与えられるべきであるという信念です。つまり、男女は政治的、経済的、そして社会的に平等であるべきであるという考え方です。性の固定観念についてはずいぶん昔から疑問を感じていました。
Six months ago, I was appointed Goodwill Ambassador for UN Women. As we have more opportunities to talk about feminism, I feel it is a problem that arguing women’s rights leads to male hatred. It is necessary to change the consciousness of the world that women’s rights claim = male aversion.
The definition of feminism is the belief that both men and women should be granted rights and opportunities equally. In other words, the idea that men and women should be political, economic, and social equally. I have been feeling doubt for a long time about the fixed idea of ​​sex.

8歳の時、保護者に見せる劇を監督しようとして「偉そうに威張っている」と批判され、困惑しました。14歳の時には、私はメディアから性の対象として見なされ始めました。15歳の時、女友達の多くが「男らしく」見られたくないから、という理由でスポーツを辞め始めました。私が18歳になると、男友達の多くが感情を表に出さないことに気が付きました。
When I was 8 years old, I was puzzled because I was criticized as “superstariously proud” to supervise the play that I showed as a guardian. At the age of 14, I began to be regarded as an object of sex from the media. At the age of 15, I started quitting sports because I do not want many of my girls to be “masculine“. When I became 18 years old, I noticed that many of my male friends did not put emotions on my face.

Emma Watson UN speech

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ