「ブラック・ウィドウ」コロナ禍の北米初週の最多興収88億円 


ニューヨーク(CNN Business)
米マーベルの新作映画「ブラック・ウィドウ」が今週末に北米市場で公開され興行収入は推計8000万ドル(約88億円)となったことがわかった。新型コロナウイルス感染症が流行して以降の興行収入としては最大規模となった。
Marvel’s new movie “Black Widow” was released in the North American market this weekend, and the box office revenue was estimated to be 80 million dollars (about 8.8 billion yen). It was the largest box office revenue since the outbreak of the new coronavirus infection.

スカーレット・ヨハンソン主演の同作品は、ウォルト・ディズニーの配信サービス「ディズニープラス」でもヒットした。
The film, starring Scarlett Johansson, was also a hit on Walt Disney’s distribution service, Disney Plus.

ディズニーによれば、ブラック・ウィドウは、ディズニープラスの「プレミアアクセス」経由で世界で6000万ドルを売り上げた。ディズニーによれば、ブラック・ウィドウは配信と劇場での上映を合わせて、今週末に全世界で2億1500万ドル超を売り上げた。
According to Disney, Black Widow has sold $ 60 million worldwide via Disney Plus’s “Premier Access.” According to Disney, Black Widow has sold over $ 215 million worldwide this weekend, combined with distribution and screening in theaters.

マーベル作品の興行収入が好調だとの報道は驚くようなことではない。マーベルはハリウッドでも最も成功を収めたブランドのひとつで、2008年以降、全世界で220億ドルの興収をあげている。
It’s not surprising that Marvel’s box office revenues are strong. Marvel is one of Hollywood’s most successful brands, with worldwide box office revenues of $ 22 billion since 2008.

ブラック・ウィドウはこれまでに配信サービスで公開された作品としては最も注目度が高い。配信を行いつつも劇場の興収が堅調だったため、劇場と配信が共存できるとの主張にとって幸先のいいスタートとなった。
Black Widow has received the most attention as a work released on a distribution service so far. The theater’s box office was strong despite the distribution, so it was a good start for the claim that the theater and distribution could coexist.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ