「テクノロジーと直感はリンクする!」東工大准教授 伊藤亜紗 ①

2050年、私たちの生活はどうなっているのだろうか。
How is our life going to be in 2050?

そんな疑問から、Forbes JAPAN 12月号では、ビジョナリーなリーダー、学者、アーティストと「未来を見通すメソッド」を探る特集「BEST VISIONARY STORIES」を実施。「暮らす」というテーマで京都大学学長の山極壽一氏、「死ぬ」というテーマで大阪大学教授の石黒浩氏など、各分野の有識者に未来予想図を聞いた。
In such a doubt, in the Forbes JAPAN December issue, we conducted a special feature “BEST VISIONARY STORIES” exploring visionary leaders, scholars, artists and “methods to see the future”. Professor Yasuichi Yamazoku, president of Kyoto University as the theme “Living”, Professor Hiroshi Ishiguro of Professor Osaka University with the theme “Die”, asked the experts in each field about the future forecast map.

「2050年の“感じる”」というテーマで話を伺ったのは、美学を専門とし、アート、哲学、身体に関連する横断的な研究を続けている気鋭の学者、伊藤亜紗。幼い頃から、自分の体も含め、身の回りの昆虫や小動物など「自分と異なる体を持った存在」について興味を抱いていた。
An awesome academic who continues cross-cutting research related to art, philosophy, and body specializing in aesthetics, Atha Ito who talked about the theme “I feel” in 2050 “. From an early age, I was interested in “beings with different bodies from myself”, including my own body, including insects and small animals around me.

「昆虫に変身して、彼らの存在を実感として感じてみたい」
その興味は、いまも変わらない。ベストセラーとなった『目の見えない人は世界をどう見ているのか』のもとになっている調査研究も、その延長だった。
視覚障害者は、どんなふうに世界を認識しているのか。自分も視覚を使わない体に変身し、実感したい。それはすなわち、自分ではない他者を理解すること。
“I want to transform themselves into insects and feel their existence as real”
The interest is still the same. The research research which became the bestseller “Understanding the world as a blind eye is seeing the world” was also an extension of that.
How does the blind person recognize the world? I want to transform and transform into a body that does not use visual sense. That is to understand others who are not myself.

「感じる」ことを見つめ続けている伊藤に、2050年の「感じる」について、思うところを聞いた。
数字だけでは「限界」がくる!
──テクノロジーの進化によって人間の五感が衰えてきている、という声をよく耳にします。
I heard about Itaku Ito about ‘feeling’ in 2050, which continues to look at ‘feeling’.
“Limits” comes only with numbers!
We often hear that the five senses of human beings are declining due to the evolution of technology.

いつの時代でも、テクノロジーの変化は人間の感じ方を変えるものだと思います。でも、だからといって、テクノロジーを人間の感性を衰えさせるものと決めつけるのは、ちょっと違うんじゃないか。テクノロジーと人間の感性は対立するものではなくて、テクノロジーが感性をつくり、感性がテクノロジーを作る、というような補完的な関係なのではないでしょうか。
I think that change in technology will change human’s way of feeling in any age. But it does not make sense to decide that technology as weaken human sensitivity. I think that technology and human sensibility are not conflicting, it is a complementary relationship such that technology makes sensibility and sensibility makes technology.

ただ、「感じる」にもいろいろなレベルがありますよね。本当の意味でじっくり感じる、というのはけっこう勇気のいることだと思います。
However, there are various levels of “feeling”, do not you think? I feel dull in the true sense, I think that it is quite courageous.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ