(完) トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋(日本株式キャッチアップラリーの推進力に)


就任直後のトランプ大統領は2018年中間選挙、2020年次期選挙を睨み、国内でかなりのリフレ政策を展開するだろう。議会での共和党多数確保はより政策の自由度を高める。2017年は米国成長率加速が予想される。海外に利益を留保している多国籍企業の国内所得還流促進は、減税・インフラ投資の原資となるだけではなく、ドル高要因でもある。
Immediately after he took office, President Trump will look for the 2018 middle election and the 2020 election next year, and will develop a considerable reflation policy in the country. Securing a large number of Republicans in Congress will increase policy freedom more. It is expected that the US growth rate will be accelerated in 2017. Promotion of domestic income return of multinational corporations that retain profits abroad is not only a source of tax reduction and infrastructure investment but also a high dollar.

米国経済加速とFRB利上げ(12月プラス2017年年央の公算)により、米株高、米金利上昇とドル高トレンドが顕在化しよう。日本でもアベノミクスの第二弾による財政金融総動員のリフレ政策が本格化、労働需給・不動産需給改善による賃上げ、家賃上昇に加え、円安と原油価格の下落一巡により、物価上昇率が高まる。
U.S. economic acceleration and the FRB rate hike (December plus the possibility of mid-2017 midnight), US stocks rise, rise in US interest rates and the dollar high trend will emerge. Even in Japan, the second stage of the benchmark fiscal and monetary mobilization is full-fledged, the labor supply and demand, the wage increase due to improvement in the supply and demand of real estate, the rise in rent, the depreciation of the yen and the rise in the price of crude oil increase the inflation rate.

実質金利の低下は、国内のリスク資産投資を大きく鼓舞するだろう。2012年11月の日経平均8,600円から2015年8月の20,860円への2.4倍上昇がアベノミクス相場第一弾であったが、今16,000円を起点とした第二弾のアベノミクス相場が始まった可能性は濃厚である。
Declining real interest rates will greatly inspire domestic risk capital investment. The 2.4-fold increase from the Nikkei average of 8,600 yen in November 2012 to 20,860 yen in August 2015 was the first bat for the avenomics market, but the second benchmark market starting from 16,000 yen now can start Sex is rich.

その場合、中期2020年ごろにかけて日経平均は30,000~40,000円に達するスケールになる可能性もある。図表16に見るように市場心理のインディケーターでありピンポイントでボトムを指示する裁定買い残(対東証一部時価総額)比率は10月、0.1と史上最低まで落ちこんでいた、ということは事後の株式リバウンドは壮大なものになる可能性が大きいと考えられるのである。
In that case, the Nikkei average may reach the scale of 30,000 to 40,000 yen around the middle 2020. As shown in Chart 16, it is an indicator of market psychology, indicating the bottom point of the ruling that instructs the bottom at pinpoint as opposed to Chart 16. The proportion of the market buying left (against Tokyo Stock Exchange partial market capitalization) fell to the lowest in history in October, 0.1, It is thought that stock rebound is likely to be magnificent.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ