⑦ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (トランプ政権登場の必然性、歴史的意義はあるのか)


変革が必要であった、①世界秩序、②富の還流、が行き詰っていた
トランプ氏がレーガン氏の様に歴史的大統領になるのかならないのか、判断はあまりにも時期尚早ではある。しかし全くのアウトサイダーであったトランプ氏を登場せしめた必然性があるとすれば、トランプ氏が歴史的指導者として大化けする可能性を秘めている、と言える。
Reform was necessary, ① world order, ② reflux of wealth, was stalled
Whether Mr. Trump would become a historical president like Reagan, the judgment is too premature. However, if there is inevitability to have Mr. Trump that was a totally outsider, it can be said that Mr. Trump holds the possibility of becoming a bigger person as a historical leader.

トランプ大統領当選後の、メディアや市場の反応には戸惑いがある。確かに彼の主張は矛盾欺瞞に満ち、大衆の怒りをたきつけそれに依拠する典型的ポピュリスト、とみなされても仕方がない面はある。しかし、彼を支持した有権者の大半がポピュリスト的主張を支持したとは考えられない。
There is confusion in the reaction of the media and the market after the winning of Trump. Certainly his argument is full of contradiction and deception, it can not be helped even if it is regarded as a typical populist that pulls out the anger of the public and relies on it. However, it is unlikely that most of the voters who backed him supported populist claims.

最も民主主義の鍛錬を積んだ米国有権者がトランプ氏に託した期待とは何か、を想像することが大切である。株式市場がこれほどまでに肯定的に反応している以上、そこには明白な合理性があるはずである。トランプ氏の訴えが有権者の琴線に触れたことを、認めなくてはならない。
It is also important to imagine what expectations American voters who have trained democracy trusted Mr. Trump. As long as the stock market is reacting positively so far, there should be clear rationality there. We must admit that Mr. Trump ‘s action touched the voter’ s chord.

その第一は、世界秩序の衰弱(米国から見れば無法の闊歩)であろう。不法移民もイスラムに対する過激発言も、有権者は世界の無法を容認しない意志ととらえたのではないか。とすれば答えは米国覇権と世界秩序の再構築であり、軍事力増強が必要となるが、それは孤立主義とは対極のモノである。
First of all, it will be the weakness of the world order (unlawful stride from the US). It seems that illegal immigrants and extreme remarks against Islam cautioned voters as a will not tolerate the lawlessness of the world. In other words, the answer is the rebuilding of the US hegemony and the world order, which requires the military buildup, which is the opposite of isolatedism.

トランプ氏がPeace through strength というレーガンのアジェンダを繰り返して述べていることはそれを示していると考えられる。新たなならず者国家の台頭、テロの多発、新大陸サイバー(=サイバー空間)での覇権と安全保障確保、などに対する対処が必要である。そして経済ファンダメンタルズは米国の国防力増強、覇権強化を十分に可能にする強さがある。
It is believed that Mr. Trump repeatedly stated Reagan ‘s agenda, Peace through Strength, indicating that. It is necessary to deal with the rise of new rogue states, frequent terrorist attacks, ensuring hegemony and security in the new continent cyber (= cyber space), etc. And economic fundamentals have strength to sufficiently enable the US defense buildup and hegemonic strengthening.

第二は、企業の儲けが広範な雇用や生活水準の向上につながらない経済の目詰まり、グローバリゼーションの繁栄から取り残されている地方経済とスキルの低い労働者への共感である。保護主義や孤立主義的発言は低スキル労働者の窮状を放置しないというメッセージとしてとらえられた。
The second is empathy for local economies and low-skill workers left behind from economic clogging, prosperity of globalization that companies profit does not lead to widespread employment and living standards. Protectionism and isolatedism remarks were caught as a message not to leave the plight of low skill workers.

それはプロ成長政策によって解決できる。地域経済、低スキル雇用の底上げが最重要な政策課題と認識され、この二つの課題にヒラリー・クリントン氏とトランプ氏のどちらが解決能力を持っているかが問われ、米国有権者はトランプ氏と判断したのではないか。またリーマン・ショック以降金融規制が強化され、新規ビジネス開業が大きく落ち込んでいることも、経済の目詰まりと見られる。
It can be solved by professional growth policy. Regional economy and low skill employment raise were recognized as the most important policy tasks and it was asked by Mr. Hillary · Clinton and Mr. Trump to which of these two subjects has solution capability, the US voter is Mr. Trump Is not it? Moreover, financial regulation has been strengthened since Lehman shock, and new business startup has been largely depressed, which is seen as clogging of the economy.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ