⑥ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (資本を還流させる政策オプション)


そこで余剰資本を政策の力で実体経済に還流させ成長加速により利子率が上昇するというシナリオが必要とされるのである。これができれば明るい将来展望が描かれる。資本を還流させる政策オプションとしては、
Therefore, there is a need for a scenario where the interest rate is increased by accelerating the surplus capital to the real economy with the power of policy and increasing the growth rate. If this is possible, a bright future prospect will be drawn. As a policy option to return capital,

1) 財政政策⇒ケインズ政策/民間投資を喚起する制度変更
2) 金融政策⇒株高による時価ベースの利潤率(益回り)の引き下げ、自社株買いはその橋渡し
3) 所得政策(社会政策) ⇒賃上げ、労働分配率向上と消費増、ベーシックインカムなどの社会的所得配分も。
1) Fiscal policy ⇒ Keynes policy / system change that evokes private investment
2) Monetary policy ⇒ Reduction of profit rate based on market price (surplus) by stock price, bridge of own share purchase
3) Income policy (social policy) ⇒ Increase social income such as wage increase, labor share raise and consumption increase, basic income.

の3つが考えられる。これらの政策イニシャティブにより、新産業革命の成果が成長と人々の生活の向上に結び付き経済成長率が高められる。この中でトランプ氏の選択は1) であった。2) は米国では十分に活用され既にその役割を終えつつある。これに対して3) の選択肢からのトランプ批判があげられている。
Three are conceivable. Through these policy initiatives, the outcome of the new industrial revolution is linked to growth and improvement of people’s lives, and the economic growth rate is raised. Among them, Mr. Trump ‘s choice was 1). 2) has been fully utilized in the United States and it is already finishing its role. On the other hand, criticism of trumps from options of 3) is mentioned.

その典型例は「21世紀の資本」のベストセラー経済学者トマ・ピケティ氏であろう。
トマ・ピケティ氏はトランプ政策を所得減税により富裕層が優遇され、企業減税による財政ダンピングや環境基準の緩和(環境ダンピング)により自国本位化が進み、規制緩和で企業を優遇するものだ、等と全面的批判を展開している。
A typical example would be Mr. Toma Piqueti, a best-selling economist in the 21st century capital.
Mr. Toma Piquetti said that the wealthy people were given preferential treatment of the cards policy by income cuts, that domesticization became dominant due to fiscal dumping by corporate tax cuts and relaxation of environmental standards (environmental dumping), and preferential treatment of enterprises by deregulation etc. He is developing full criticism.

ピケティ氏は米国の経済格差地域格差を是正する規制強化と所得再配分(富裕者増税と社会政策支出)が必要だとするサンダース氏に同調している。(11月23日朝日新聞・11月13・14日ルモンド紙掲載の抄訳)。
Mr. Piqueti is in tune with Mr. Saunders who said that it is necessary to strengthen the regulation to correct the economic disparities and regional disparities in the United States and reallocate income (rich tax increase and social policy expenditure). (November 23 Asahi Shimbun · Abstracts on the December 13 and 14 November 14 paper published).

確かに企業課税強化、富裕者課税強化により余剰貯蓄を政府が吸収し、弱者などに再配分するという政策も余剰資本の活用という点でポジティブであるには違いないが、それでアニマルスピリットが喚起され投資が活発化し、成長が高まり、金利上昇と株高に結び付くかというと疑問である。
It is true that policies that the government absorbs surplus savings by strengthening corporate taxation and strengthening taxation of wealthy people and reallocates them to the weak are surely positive in terms of utilization of surplus capital, but an animal spirit is evoked It is doubtful whether investment will become active, growth will increase, interest rate rises and it will lead to stock price.

そもそもピケティ氏の議論は
r(資本のリターン)>g(経済成長率)
という一つの不等式のみにフォーカスし、それは所得配分、税制によって是正されるべきだという立場にこだわってきた。そして成長率への働きかけに関してはほとんど関心を示してこなかった。
In the first place Mr. Piqueti’s argument
r (capital return)> g (economic growth rate)
Focusing on only one inequality, it stuck to the position that it should be rectified by income allocation, taxation system. And little interest has been shown about the approach to growth rate.

しかし、当社は、現実は二つの不等式が共存している状態
r1 (利潤率)>g(成長率) >r2 (利子率)
であり、利子率の低さ=余剰貯蓄の存在とは、現在需要の先送りが起きているわけだから、余剰資本を活用すれば成長率が高まり、それが格差や貧困対策にも結び付くと考えてきた。トランプ当選後の株式市場の好反応を見ると、財政による需要創造により大きなメリットがあることがうかがえる。
However, in our reality, the state where two inequalities coexist
r1 (profit rate)> g (growth rate)> r2 (interest rate)
The low rate of interest = the existence of surplus savings is because current demand is delayed, so if you use surplus capital, the growth rate will rise and it will lead to gaps in disparity and poverty It was. Looking at the favorable response of the stock market after winning the cards, it can be seen that there is a great merit from the creation of demand by the fiscal budget.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ