⑤ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (過剰貯蓄を成長に転換するトランプノミクス)


トランプノミクスの論理的正当性
トランプ氏のプロビジネス、プロ成長の政策が適切で、それゆえに株価上昇に結び付くと考えられるのは、それが世界的貯蓄余剰に対して最も有効な処方箋と考えられるからである。かねてから当社は、現在の米国経済・世界経済の根本問題は、企業の空前の超過利潤が有効に実体経済に還流せず、資本余剰として滞留していることにある、と主張してきた。
Logical validity of trumpnomics
Mr. Trump ‘s professional business, professional growth policy is appropriate, and it is thought that it will lead to a rise in stock price because it is considered to be the most effective prescription against the global savings surplus. For some time the Company has argued that the fundamental problem of the current economic and global economy is that companies’ unprecedented excess profits are not effectively returned to the real economy but stay as capital surplus.

この余剰資本を活用する手段として、トランプ氏の財政による需要創造策、規制緩和による投資喚起策は的を射ていると考えられる。
ここ数年間世界的な高利潤率の一方、利子率が歴史的水準まで低下して、本来同じはずの資本のリターンが利潤率と利子率に分かれて二極分化していることが、問題とされてきた。
As a means to utilize this surplus capital, it is thought that Mr. Trump ‘s fiscal policy for demand creation and measures to stimulate investment by deregulation will be exceptional.
While the global high profit rate has been declining over the past several years, the fact that interest rates have fallen to historical levels, the return of capital, which should be the same, is divided into profit rates and interest rates and bipolar differentiation is a problem It has been.

この企業の高利潤と空前の金利低下という普通ではない現実は、企業が新産業革命による生産性向上により、著しい超過利潤を獲得していることに根本の原因があると考えられる。つまり、企業は大儲けしている。しかし儲かったお金を再投資できなくて遊ばせ、金利が下がっている。先進国で顕著になっている金利低下は資本の「slack(余剰)」が存在していることを示唆している。
The unusual reality of this firm’s high profit and unprecedented interest rate decline is believed to be rooted in the fact that companies acquire significant excess profit due to productivity improvement due to the New Industrial Revolution. In other words, companies are making a lot of money. But I can not reinvest my money, let me play, the interest rate is falling. The declining interest rate that is pronounced in developed countries suggests that “capital” “surplus” exists.

また雇用の停滞、(失業率高止まり、低労働参加率、弱賃金上昇力)は、労働余剰「slack」の存在を示している。なぜ「slack(余剰)」が問題になるほど増加してきたのか。その原因は企業における労働と資本の生産性の顕著な上昇にあると考えられる。
Stagnation in employment, (high unemployment rate, low labor participation rate, weak wage rising power) shows the existence of labor surplus “slack”. Why has “slack (surplus)” increased so much that it becomes problematic? It is believed that the cause is due to the remarkable increase in labor and capital productivity in the company.

IT、スマートフォン、クラウドコンピューティングなどの新産業革命は、グローバリゼーションを巻き込み、空前の生産性向上をもたらし、労働投入、資本投入の必要量を著しく低下させているのである。この資本余剰を放置すれば格差拡大をもたらし、社会不安を高める。さらには資本の退蔵・死蔵は資本主義の死を意味する。つまり状況変更に対する政策のコミットメントがなければ資本主義は崩壊してしまうかもしれないのである。
The new industrial revolution such as IT, smart phones, cloud computing, etc. involves globalization, brings unprecedented productivity improvement, markedly reduces the necessary amount of labor input and capital input. If you leave this capital surplus, it will lead to widening inequality and increase social unrest. Furthermore, the retirement and death of capital means the death of capitalism. In other words, capitalism may collapse without policy commitment to change the situation.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ