③ 僕がそこへ行く理由(第2回:損をすると思う方を選びなさい(MSF))


子どもの頃からの夢だったパイロットは、視力低下のために高校3年生で断念せざるを得ませんでした。何とか気持ちを切り替え大学に進学したものの、新しい目標を見つけられずにいた頃、体調を崩し入院することになりました。自分の身体のことが何もわからないということが腹立たしく、そこから医学への関心が芽生え、大学を中退し医学部を再受験しました。
The pilot who was a dream from childhood had to abandon at the high school third grader because of his sight loss. Switching feelings somehow Although I went on to university, when I was not able to find a new goal, I felt sick and I was hospitalized. It is annoying that I do not know anything about my body, from which I gained interest in medicine, dropped out of college and retake the medical school again.

しかし、いざ入学してみると、医学への興味や関心は長続きせず、母子家庭に育った僕は、高級外車を乗り回す周囲の友人を横目にアルバイトに汗を流しました。「医者になったら金持ちになってやる」なんていう思いが頭をかすめたのもこの頃です。
However, as soon as I entered the school, my interest and attention to medicine did not last long, and I grew up in a mother and child family, I swept a part-time job on my side as if I were surrounding friends who ride around luxury foreigners. It was also around this time that the thought of “getting rich when becoming a doctor” wrested his head.

そんな6年間はあっという間で、卒業が迫る頃になっても「なぜ自分は医師になるのか」という問いに明確な答えを見出せていなかった僕は、案の定、国家試験に不合格となりました。
昼間は保育園でアルバイト、夜は勉強という生活を送るようになって半年が過ぎた頃、僕の中に不安や孤独感が芽生えていたのでしょう。
I was not able to find a clear answer to the question “Why am I going to be a doctor?” Even when the graduation approached in such a short period of time in the meantime, I failed the examination, national examination failed .
In the daytime I got to live a part-time job at a nursery school, and at night I got to live a life. When half a year passed, I felt anxious and lonely feeling inside me.

気がつくと、いつか友人と行ったある教会を訪ねていました。そこでその後の人生を変える一つ目の出会いに恵まれたのです。医師としての進路に悩んでいた僕に、教会の世話役を務めていた女性が語った言葉は、「損をすると思う方を選びなさい」でした。
When I noticed, I visited a church someday with my friend. So I was blessed with the first encounter to change my life afterwards. To the one who was suffering from the course as a doctor, the word the woman who served as the caretaker of the church said was “Choose who thinks to lose”.

得することばかりに躍起になっていた自分を恥じると同時に、それまでの価値観を粉々にされたように感じたことが懐かしく思い出されます。
It reminds me that I felt ashamed of myself being joked just as much as I got, and at the same time felt that my sense of values was shattered.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ