② 僕がそこへ行く理由 (第1回:1人の少女との出会い(国境なき医師団))


「ハーハー」というあえぐような弱々しい呼吸の音、「ペタリ、ペタリ」というおぼつかない足音とともに診察室に入ってきた少女の姿はあまりに異様で、自分の目の前で起こっていることがすぐには理解できませんでした。
The appearance of the girl who entered the consultation room with the stupid footsteps of “petari, petari” is so strange that what is going on in front of you I could not understand.

少女は顔から肩が真っ黒に焼けて腫れ上がり、立っているのがやっとという様子でした。少女の傍らで赤ちゃんを抱きかかえた母親から話を聞いて僕は一層混乱しました。7歳の少女は家で顔から肩、胸に大やけどを負いながら、炎天下を3日間、自分の足で歩いてここまでやって来たというのです。
The girl looked like the shoulder burned to the black from the face and swollen up, finally standing still. I was more confused when I heard a story from a mother holding a baby beside a girl. A 7 – year – old girl is walking home with his feet for three days under the scorching sun while taking a big burn on the shoulder and chest from home at home.

世界で一番新しい国、そして世界で最も不安定な国、南スーダン北西部の町アウェイルの病院での出来事です。そこでは、薬を飲めば治るはずのマラリアで毎日のように子どもたちが死んでいました。新生児室でさえ床の上に敷いた毛布の上に多くの赤ちゃんが寝かされていました。
It is the event in the world’s most new country and the most unstable country in the world, a town in the northwestern part of South Sudan. There, malaria supposed to be cured if you take medicine, children were dead like everyday. Even in the neonatal room many babies were laid on the blanket laid on the floor.

久しぶりの活動で意気揚々と現地に乗り込んだはずが、荒廃しきったこの国の状況は深刻で、病院に着いた時点で既に手遅れとも思える子どもたちにも精一杯手を尽くしましたが、救えた子どもはほんのわずかです。任期を終え帰途に就く僕の心にあったのは、この国に打ちのめされたという敗北感と毎日のように子どもを看取らなくてすむという安堵感でした。
The situation in this country that was devastated surely should have got into the field spuriously with the activities after a long absence and it was serious and I did my best to children who seems too late at the time of arriving at the hospital but I saved it Children are only a few. It was a sense of relief that I felt defeated by this country and I did not care about my child everyday like I came home after finishing my term of office.

そんな僕が帰国する話を聞いて一番泣いてくれたのがあの少女でした。
4年が経ちましたが、彼女との出会いが今も僕の背中を押しています。彼女のような思いをする子どもを1人でも減らしたくてこの活動を続けています。
That girl that cried the most when I heard stories that I returned home.
Four years have passed, but my encounter with her is still pressing my back. I am continuing this activity to reduce even one child who thinks like her.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ