しまちゃんブログ 糸は切れない 温暖化阻止へ

しまちゃんブログ
QUEST&Pursuit!

最新情報

2018年8月20日
生き方(way of life)
オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 (完)
3. 最後には正義が力となる 3. Justice will be power in the end オバマは、マンデラが投獄されていた期間は、彼が特に大きな影響力を持っていた時期だったと指摘した。人は極限状態や苦難の時・・・
2018年8月19日
生き方(way of life)
オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ②
1. 優先事項を再確認することが必要 1. It is necessary to reconfirm the priority マンデラは、自身の知らないところでオバマにインスピレーションを与え、型にはまらない道を歩むこ・・・
2018年8月18日
ビジネス(business)
ARMいわく「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」
ここしばらく、ARMベースのプロセッサーは性能向上が顕著になりつつあります。そして早ければ来年、もしくは2020年あたりにはインテルのモバイル向けプロセッサーをその性能で追い越す瞬間が訪れるかもしれません。ARMは、最近・・・
2018年8月18日
政治・社会・時事問題(politics、current affairs issues)
ノーベル平和賞受賞者・ムハマド・ユヌス氏ー2030年までに「貧困ゼロ」を ! ①
経済学者であり、貧困層向けに小額融資(マイクロファイナンス)を行うグラミン銀行を1983年に設立したムハメド・ユヌス氏。貧困削減のための新しいモデルを提示し、バングラデシュの貧困削減に貢献したことが評価され、2006年に・・・
2018年8月17日
政治・社会・時事問題(politics、current affairs issues)
ヨーロッパの移住問題を解決する、ドイツのメルケル (完)
Merkel: A new way Speaking earlier in Berlin, Merkel advised against states acting unilaterally on migration, ・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 (完)

3. 最後には正義が力となる 3. Justice will be power in the end オバマは、マンデラが投獄されていた期間は、彼が特に大きな影響力を持っていた時期だったと指摘した。人は極限状態や苦難の時・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ②

1. 優先事項を再確認することが必要 1. It is necessary to reconfirm the priority マンデラは、自身の知らないところでオバマにインスピレーションを与え、型にはまらない道を歩むこ・・・

ARMいわく「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」

ここしばらく、ARMベースのプロセッサーは性能向上が顕著になりつつあります。そして早ければ来年、もしくは2020年あたりにはインテルのモバイル向けプロセッサーをその性能で追い越す瞬間が訪れるかもしれません。ARMは、最近・・・

ノーベル平和賞受賞者・ムハマド・ユヌス氏ー2030年までに「貧困ゼロ」を ! ①

経済学者であり、貧困層向けに小額融資(マイクロファイナンス)を行うグラミン銀行を1983年に設立したムハメド・ユヌス氏。貧困削減のための新しいモデルを提示し、バングラデシュの貧困削減に貢献したことが評価され、2006年に・・・

ヨーロッパの移住問題を解決する、ドイツのメルケル (完)

Merkel: A new way Speaking earlier in Berlin, Merkel advised against states acting unilaterally on migration, ・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質! ④

今日の成功があるのはステートメントのおかげ Thanks to the statement that today’s success is 「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」というステートメント。これ・・・

ハワイでついに「新島」が出現、キラウエア噴火で

2カ月以上も溶岩を噴出させているキラウエア火山の活発な活動によって、一夜にして新たな島が出現した。 ハワイ島北部に出現したこの島は現地の火山観測所が航空機で調査中に発見し、米国地質調査所(USGS)が調査を進めている。島・・・

仮想通貨の根幹、ブロックチェーン・テクノロジーとは(完)

このように皆で構築するネットワークがブロックチェーン・テクノロジーであり、世界を変えてしまう革命的な技術なのです。 ブロックチェーンを使えば、一部の力を持った者に支配されることなく、世界中の人と自由に取引をすることが可能・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ①(A way to pursue “the purpose of life” Obama talked about)

バラク・オバマ前米大統領は先月17日、南アフリカで開かれた「ネルソン・マンデラ年次講演」で、マンデラ生誕100周年を記念する講演を行った。オバマは、希望と切迫感を各所に盛り込んだスピーチで、ミレニアル世代が切実に必要とし・・・

太陽系外に奇妙な2億年前の「不正な惑星」!輝くオーロラを放つ!(完)

The difference between a gas giant and a brown dwarf has been the subject of debate among astronomers. However・・・

太陽系外に奇妙な2億年前の「不正な惑星」!輝くオーロラを放つ!①

(CNN)A strange 200 million-year-old object with the mass of a planet has been discovered 20 light-years from E・・・

「米金融帝国」のカラクリ!?中国には真似できない!(完)

<日本の対外資産・負債の残念な特徴> 翻って日本の対外資産・負債と経常収支の累計はどうなのだろうか。財務省が公表している2017年末時点の日本の対外資産は1012兆円、対外負債は684兆円、純資産額は328兆円で依然とし・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!③

非常識に見えるような高い目標を掲げる 私の経営者としての第一歩は、まさに公認会計士のみなさんと深い関わりがありました。これからは、「経営」とは何かということについて少しお話ししたいと思います。 Hold high goa・・・

仮想通貨の根幹、ブロックチェーン・テクノロジーとは①

ブロックチェーンは皆で監視しあう分散型のシステム Distributed system that everyone monitors block chains ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、・・・

リップルの影響:XRPはBTCを土壌に残す①

Ripple Readies for Pole Position According to Coin Market Cap, the price of Ripple heading into the second wee・・・

「米金融帝国」のカラクリ!?中国には真似できない!③

<対外的な巨額キャピタルゲイン> 一国の経常収支(フロー)は毎年累積してその国の対外純資産(あるいは純負債)(ストック)の変化をもたらす。他の条件が変わらなければ、一定期間の経常収支黒字の累積は対外純資産増加に一致し、経・・・

ハイドロキノン/安全でないスキンライトニングを禁止(FDA:米食品医薬品局)

BAN ON SKIN BLEACHING CREAMS CONTAINING HYDROQUINONE Safe Skin Lightening ハイドロキノン含有スキンブリーチングクリームのバン 安全なスキンライトニ・・・

失敗の必要性について(On the necessity of failure)

何事も失敗が必要だと思うのです、誰がなんと言おうとね。成功より失敗です、失敗が好きになったら人生本物だと思うんです。おまえは変態かと言われれば、変態こそ生きる糧だと言いたい。そうなってこそ人生楽しめますよ。人生楽しみまし・・・

ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン人!(完)(Being alive with a daze, Nippon people)

働き方改革と「ぼんやり日本人」 ところが現代では競争がなくなって平和のように見えるいっぽうで、環境の変化に気づかずにただ今の瞬間だけ障りがなければそれでよし、多少の悪事に対しても「見て見ぬふりをする」風潮が世の中に蔓延し・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!②

株式公開できる実力を持つこと、それが本質 Having the ability to be publicly available, that is essence たぶんこの本を読んで電話してくれということだと思ったんで・・・

ホーキング博士の人類への警告!本当?(Dr. Hawking warns humanity! Is it true?)

ちょっと盛ってるようなところもあるけど、本当だったらやばい話ですよね。 There are places like being somewhat popular, but if it is true it is a st・・・

世界の絶景とBGM!この編集者はすごい!(Big tour of the world and BGM! This editor is amazing!)

惜しいと思うのは、これだけのことができる人がどうしてくだらない”自動で継続的に月収36万円稼ぐ方法” 云々なんてものを紹介しちゃってるのか?人間て不思議だね。

「米金融帝国」のカラクリ!?中国には真似できない!②

<対外純負債国なのに所得収支は大幅黒字> 米国の対外資産・負債は、1980年代以降の経常収支赤字の累積の結果、7.8兆ドルの負債超過(対GDP比率で39.3%)(純負債=対外資産27.6兆ドル、対外負債35.4兆ドル)で・・・

「格差社会」を指弾するコラムニスト(完)( Columnist to criticize “disparate society” )

現在世代に対する将来世代の生涯負担を比べると、他の国に比べて日本が突出して大きく、超過負担が169%にも達する。将来世代の負担は、今の高齢者に比べて1億円近く多い。この原因はピケティのいう資本主義の矛盾ではなく、社会保障・・・

「米金融帝国」のカラクリ!?中国には真似できない!①

米中貿易戦争については、エスカレートすれば世界貿易が縮小し、世界的な景気後退につながるという悲観的なシナリオから、妥協と収束に向かうという楽観的なシナリオまで見解は分かれている。 しかし、関税引き上げ戦争の本質は、資産バ・・・

「アウトバーン」最近のいい映画!?

ありがちだけど心に響く。“人がバカをやる理由”。 娯楽作品としては充分楽しめるバカ映画。 ぶっちゃけバカ映画である。 難病の彼女を助けるために再び仕事に手を染めるというのは良いんだが、絶対に救うという表現がもう笑ってしま・・・

「格差社会」を指弾するコラムニスト、「ピケティを読まないで!」①

全世界で150万部売れたベストセラー『21世紀の資本』の著者、トマ・ピケティ氏(パリ経済学院教授)が先週、来日した。日本でも13万部も売れ、私の『日本人のためのピケティ入門』も9万部売れた。日本語訳は、728ページで59・・・

「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ③

13行あった大手銀行はわずか4社に それに引き換え現代の日本の状況はどうであろうか。もちろん今でも苛烈な競争が一部では残っている。しかし、国内市場の成長余力がなくなり、企業としての成長に陰りが見えてくる中で、新たな収益機・・・

EVブームの次に来るFCVのメガトレンド!! 日本のダントツ水素技術が世界を圧倒か!?(完)

国の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、現在100カ所程度の水素ステーションの数を、2020年度までに160カ所、25年度までに320カ所へと増加させる目標を掲げている。今年3月には、自動車メーカー、水素インフラ事業・・・

「オウムの口癖『頑張ります』」だった!(週刊朝日)北原みのり

数年前、サティアンに暮らしていた元オウム真理教信者の女性と話をしたことがある。幹部だった井上嘉浩氏の口癖が「頑張りましょう」だったと話してくれたことを、彼が死刑執行された日、思い出した。井上氏だけじゃない、オウムにいた誰・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!①

予定納税という理不尽な仕組み Unreasonable system of planned tax payment まず、私が経営者として駆け出しの頃の話です。1971年に早稲田大学を出まして、当時はジャスコ、現在のイオ・・・

「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ②

急速にサラリーマン化している日本社会 Japanese society rapidly becoming a salaried worker 江戸時代の日本は「士農工商」という階級社会があったが、現代に言い換えれば「サ農・・・

メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!(完)

そもそも日本の銀行は預金と融資の担当が別々で、10年付き合っても信用格付けができていない。顧客から見て組織が異なると、新たに「申込書」を提出しなければならない。顧客中心ではなく、銀行の縦割り組織の中で時代遅れの“天動説”・・・

メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!①

日本の銀行はメガバンクも地銀もジリ貧状態に陥り、経済紙誌には「銀行消滅」「銀行の危機」「銀行員が大量失職」「銀行員の不安」といった記事があふれている。 実際、日本経済新聞(5月17日付朝刊)によると、3メガバンクの201・・・

M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFUNDBOOK が描く未来!!(完)

平等で可視化されたM&Aがもたらすもの What equality and visualized M & A brings さらに、同社はプラットフォーム上で「PMIの可視化」を実現するプログラムも開発中・・・

EVブームの次に来るFCVのメガトレンド!! 日本のダントツ水素技術が世界を圧倒か!?①

世界的な「EV(電気自動車)シフト」の潮流の陰で、存在感が薄くなったように見えるFCV(燃料電池自動車)だが、今後の展開はどのようになるのだろうか? このたび『日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス』を上梓し・・・

なぜ金正恩は中国を”千年の宿敵”と呼ぶか!?(完)

「支援」とは名ばかりの明の援軍 朝鮮半島に侵攻した秀吉軍は16万でした。柳成龍らの要請に応え、宗主国であった明は援軍を派遣しましたが、その数はたったの5万でした。しかも、派遣軍の兵糧の負担は朝鮮側持ちというケチぶりです。・・・

なぜ金正恩は中国を”千年の宿敵”と呼ぶか!?①

アメリカと中国の間で上手に立ち回りながら、北朝鮮の現体制の存続をはかる金正恩・朝鮮労働党書記長。中国の習近平・国家主席に「偉大なる指導者」とリップサービスをしながら、中国の支配下に入ろうとはしない。そのふるまいの陰には、・・・

人は死なない 東大救命医独自の死生観

イーロン・マスク( Elon Musk)⑬

Hyperloop Main articles: Hyperloop and Hyperloop pod competition On August 12, 2013, Musk unveiled a concept f・・・

米国の知性を超えて!プーチンとトランプサイド

Helsinki, Finland (CNN)US President Donald Trump, in a stunning rebuke of the US intelligence community, decli・・・

トランプとプーチン大統領の首脳会談が ” ヘルシンキ”で進行中!

Helsinki, Finland (CNN)US President Donald Trump told Russian President Vladimir Putin on Monday that he hopes・・・

“成功確率1%”の仕事を”99%”にするたった一つの方法!

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。実際、道のりは険しいだろう。しか・・・

Brexit(EU離脱)のための “ビジネスフレンドリー” な、英国の計画(完)

Jaguar Land Rover, Britain’s biggest carmaker with 40,000 employees, cautioned this week that a bad deal・・・

80年前に予言された、幻の「マヨラナ粒子」の存在が明らかに!?

物理学の理論で約80年前に予言され、世界の物理学者が競って探している「マヨラナ粒子」の存在を証明したと、京都大と東京大、東京工業大の共同研究チームが11日、発表した。今回はマヨラナ粒子そのものを発見したわけではないが、チ・・・

安倍政権の「種子法廃止」は世界の趨勢に逆行か!?

これまで日本の多様な品種を守ってきた「種子法」が廃止され、日本の農業は大きな転換点に差しかかっている。そんななか、「多様な品種・種子を守る」ためのさまざまな動きが起きている。 The “Seed Law&#8・・・

「バックウオーター現象」か!?【西日本豪雨】甚大被害の原因…専門家指摘

濁流が住宅街に押し寄せた岡山県倉敷市真備町地区。県などへの取材で、同地区では高梁(たかはし)川の支流で5カ所の堤防の決壊が確認されたことが分かった。専門家は、決壊の一因として、豪雨などで水位が高まった川が支流の流れをせき・・・

中国株、対米貿易摩擦による下落局面に終息の兆し見えず!(完)

市場エコノミストは、今年の中国の経済成長率の直接的な押し下げ効果が0.1─0.3%ポイントで、米成長率も若干下振れすると想定する。 ただし米国が本当に5000億ドル相当の中国製品に関税を適用するなら、そうした予想など吹き・・・

アルクのTOEICテスト完全攻略シリーズ

  ①『通信講座』  毎日のカリキュラムどおりに学べば 、目標レベルの「攻略」 に必要な英語力が身につく。 ②『TOEIC L&Rテスト 直前の技術』 「スコアが上がりやすい順に学ぶ!」11日間の即効対策プログ・・・

中国株、対米貿易摩擦による下落局面に終息の兆し見えず!①

[上海/シンガポール 6日 ロイター] – 米中両国の過去半年にわたる貿易摩擦によって、中国株は時価総額の約2割を消失し、人民元は急落してしまった。だがこれらの動きは、もっと大きな値下がり局面に至る「序章」に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ